音楽ナタリー

おかげさまでナタリー10周年

“み!るきーず”と目指せ武道館!M!LK、初ワンマンツアー大成功

2008

M!LK(撮影:角田勇太)

M!LK(撮影:角田勇太)

M!LKが昨日5月4日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにてワンマンライブを実施した。

5月3日から5日までの3日間、M!LKは初のワンマンツアー「ようこそ M!LK牧場へ」を開催。2日目の東京公演の会場には満員のファンが集まり、5色のペンライトを手に開演を待っていた。

ステージには牧場の風景が再現され、開演時刻を迎えると朗らかなカントリーミュージックが場内に響く。さわやかな青い光が舞台上を照らすと、ステージに設置されたゲートからオーバーオールを着たM!LKが姿を見せた。伸びやあくびをしながら牛乳缶運び、掃除といった牧場の仕事を済ませた彼らは、佐野勇斗の「東京、盛り上がっていくぜ!」という叫びとともに最新シングル曲の「新学期アラカルト」でライブをスタートさせる。佐野が「せーの!」と呼びかけると、オーディエンスはイントロでコールを入れ、会場は一気にヒートアップした。

5人は続く「僕の枕ちょーだい!」で牧草の塊を投げ合ったり、3曲目の「gkbr」で懐中電灯を使ったパフォーマンスを披露したりと、初のワンマンのためにアップデートした演出で冒頭からファンを楽しませる。自己紹介では吉田仁人が突然「東京、あっぱれ!」と叫び、彼のテンションの高さに場内は笑いに包まれた。このあとに届けられたM!LKの自己紹介ソング「フレ!フレ!オレ!」ではメンバーが「皆さんの力が必要です!」とフロアに呼びかける。この声に応じたファンは5人の歌声に合わせて大きなかけ声を飛ばし、会場は一体となった。

ライブの中盤にはワンマンツアーに向けて用意されたM!LK初のソロ曲とデュオ曲が披露されるシーンも。先陣を切った塩崎太智はインストのダンスナンバー「SALTY DA!CHI」に乗せて軽やかにステップを踏む。ステージを大きく使い、スキルフルなダンステクニックを存分に見せつけた彼は最後に「サンキュッ!」と決めゼリフを残して次の吉田へバトンをつないだ。吉田は魚介類が苦手な男性の悲哀を情熱的に歌い上げる「Tuna-ight」で得意のジャズダンスを披露。彼が口に加えたバラを勢いよく客席へ投げ入れると、観客からは黄色い歓声が飛んだ。板垣瑞生と佐野は2人で登場し、デュオ曲「ひこうき雲」を歌い上げる。2人は時折アイコンタクトを取りながら、繊細なユニゾンを会場に響かせた。5人のラストを務めた山崎悠稀はポップなナンバー「ラブソングが歌えない」をパフォーマンス。はじけるような笑顔を浮かべ、甘い声でこの曲を歌い上げてファンを魅了した。

メンバーの「“しっとりM!LK”を見せていくコーナーです」という言葉とともにスタートしたパートでは「イチニノサン」「星空スコープ」といったミドルテンポのナンバーが届けられ、5人は歌声だけでファンを引き付けていく。「星空スコープ」の前には吉田が「僕らにとってすごく大切な曲。心の支えになってくれるファンの皆さん、いつもそばにいてくれるメンバー。僕らの思いはどこまでも続くこの空でつながっている、そんな思いを込めて歌いたいと思います」と語り、5人は星空を模した照明の中、情感たっぷりにこの曲を歌唱した。

終盤のMCでは佐野が「ここで重大発表があります!」と切り出し、M!LKファンの総称が発表された。彼は「皆さんの呼び名を『み!るきーず』としたいと思います!」と宣言。ファンはこれを大きな歓声で受け入れ、メンバーは「君も君もみ!るきーず!」と笑顔でフロアを指差す。佐野は「皆さん、今日からみ!るきーずとして、僕たちに付いてきてください!」とみ!るきーずに呼びかけていた。

M!LK結成のきっかけとなった「miruku!」、EBiDANのメンバーが代々歌いつないできた「恋心」が届けられると、ライブはクライマックスへ。ここでメンバーはそれぞれに思いを語り、塩崎は「この会場に入ったとき、すごく大きいから人で埋まるのか想像ができなくて。でもオープニングでステージに出たら奥のほうまで皆さんがいてくれた。こんなにたくさんの方が僕らの初のワンマンを観てくれたことに、感謝しています。これからもみ!るきーずとして、そばで見守っていてください!」とファンに感謝を伝える。佐野も「日本青年館で初めてパフォーマンスをしてから約1年半。1年半で、ワンマンができるようになるなんて思っていなかったです。たくさんの方に支えられてここまで来たんだなあと感謝しています」と続いた。ライブが始まるまでファンに何を伝えたらいいのかわからなかったという山崎は「『恋心』を歌っていて気が付いたんですけど、僕はこんなに温かく迎えてくれるファンの方が好きです。だから皆さんが笑顔じゃない時間がないよう、M!LKとしてがんばって、皆さんを守っていきたいと思います」と誓う。「先輩たちみたいにカッコよくなるから、これからもよろしくお願いします!」と彼が呼びかけると、み!るきーずは山崎に大きな拍手を送った。フロアを見渡した板垣は「こんなにたくさんのみんなが来てくれて感無量だし、皆さんに助けられています。皆さんが『M!LKが好き』と言ってくれたときに恥ずかしくないチームでいられるように、成長していきたいと思います!」と力強く語る。そして吉田は「僕ら5人だけじゃ何もできません。み!るきーずのみんながいないと、何もできません」と口を開くと「僕らの目標の1つである日本武道館を目指して、これからもがんばっていきます!」と、M!LKが目指す夢の舞台をみ!るきーずに伝えた。佐野が「み!るきーずのみんな! 日本武道館まで付いて来てくれるかい!?」と叫ぶと会場には大きな歓声が響く。本編最後の「Now Story」では板垣が「それぞれの夢があって、それぞれの道がある、そして今、僕らのストーリーが始まる」というメッセージを添えて楽曲を彩った。

アンコールの呼びかけに応えた5人はツアーTシャツに着替えてステージに再登場し、「反抗期アバンチュール」をパフォーマンスした。塩崎は舞台両端に置かれたステップに飛び乗って「もっともっと!」とフロアを煽り、佐野は吉田の頭をくしゃくしゃに撫でて笑顔を浮かべる。それぞれがパワフルに舞台を動き回る中、ここでサプライズゲストのハローキティがゲートから登場。キティちゃんはサンリオピューロランドのステージでM!LKと2度の共演経験があり、1度目の競演時に5人と一緒に踊った「反抗期アバンチュール」を、この日もキレのある動きで披露した。み!るきーずの悲鳴のような歓声によって、後ろで踊るキティちゃんの存在に気付いたメンバーは一様に驚きの声を上げ、板垣は「超サプライズゲストじゃないっすか!」とひと言。ここでキティちゃんは手紙を取り出し、今秋にサンリオピューロランドで開催されるイベント「ピューロハロウィーン」にM!LKの出演が決まったことを伝え、ステージをあとにした。

キティちゃんからの思わぬ贈り物に興奮が冷めやらぬ中、ライブはラストナンバーへ。板垣が「最後の曲は僕たちのラストナンバーです。コーヒーが……?」と呼びかけると、会場には「飲めません!」という大きな声が響いた。最後までエネルギッシュに躍動した5人は充実感いっぱいの表情でフロアを見つめ、「ありがとう! また会いに来てね!」と何度もみ!るきーずに呼びかけていた。

なおM!LKは本日5月5日に大阪・Zepp Nambaでこのツアーの最終公演を実施。このライブの中で8月10日に4thシングルをリリースすることを発表した。

M!LK「ようこそ M!LK牧場へ」
2016年5月4日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

01. 新学期アラカルト
02. 僕の枕ちょーだい!
03. gkbr
04. フレ!フレ!オレ!
05. 完全SSD!
06. 男子スイーツ部発足します
07. SALTY DA!CHI / 塩崎太智
08. Tuna-ight / 吉田仁人
09. ひこうき雲 / 板垣瑞生&佐野勇斗
10. ラブソングが歌えない / 山崎悠稀
11. イチニノサン
12. 星空スコープ
13. miruku!
14. 恋心
15. Now Story
<アンコール>
16. 反抗期アバンチュール
17. コーヒーが飲めません

※山崎悠稀、塩崎太智の崎はたつさきが正式表記です。

※記事初出時、一部キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

(c)'76,'09,'16 SANRIO APPROVAL No.P0805051

音楽ナタリーをフォロー