音楽ナタリー

LinQ舞川あや、福岡のファッションショーでブランド「MYKAWA」披露

125

舞川あやが手がけた衣装を着て記念撮影するLinQ。(写真提供:ジョブ・ネット)

舞川あやが手がけた衣装を着て記念撮影するLinQ。(写真提供:ジョブ・ネット)

LinQの舞川あやが3月20日に福岡・福岡国際センターで開催されたファッションショー「福岡アジアコレクション2016 SPRING-SUMMER」にデザイナーとして参加し、集まったおよそ7500人の来場者の前で自身の手がけるブランド「MYKAWA」を披露した。

服飾学校出身の舞川は、これまでもLinQの公演の中でメンバーの衣装をデザインして「MYKAWA Collection」と銘打ったファッションショーを実施。「MYKAWA」は“MY かわいい”の略で、自身の名前だけでなく“私の、私だけのかわいいもの”というコンセプトが込められている。今回、彼女がステージで表現したテーマは「おとぎ話」。LinQメンバーはそれぞれ「こびと」「ヘンゼルとグレーテル」「ヴィランズ」「ブレーメンの音楽隊」「眠り姫」の5つの絵本をテーマにした衣装で楽しげに練り歩く。ランウェイでのショーが終わるとそのままライブを始め、ナオト・インティライミプロデュースのシングル曲「ハレハレ☆パレード」とニューシングルの表題曲「Supreme」の2曲を披露した。

ランウェイを歩いていたモデルがそのままの衣装でライブをするという演出について、舞川は「“踊るとスカートがこう動くんだ”とか、デザインした衣装の一面を見せられたと思います。ショーは1人ひとりにテーマがあったのですがメンバーもなりきってくれて、世界観がより際立ったのではと思います」とコメント。さらに福岡の一大イベントにデザイナーとして出演したことについては「今日のために身を削ってやってきたので、不安や緊張より晴れ舞台だという気持ちが大きかったです。多くの人に見てもらえて自信になりました」と心情を語った。

音楽ナタリーをフォロー