音楽ナタリー

相対性理論「天声ジングル」詳細、解体直前バウスシアターでのRECも

633

2014年6月12、13日に吉祥寺バウスシアターで行われた相対性理論の楽曲制作風景。

2014年6月12、13日に吉祥寺バウスシアターで行われた相対性理論の楽曲制作風景。

相対性理論が4月27日にリリースするニューアルバム「天声ジングル」の詳細が発表された。

CD、180g重量盤仕様のアナログ盤、Blu-ray・BDM仕様の高音質ハイレゾ盤、カセットテープの4形態が用意される「天声ジングル」。レコーディングとミキシングエンジニアは米津裕二郎、マスタリングはテッド・ジェンセン、アナログ盤のカッティングはレイ・ジャノスが担当している。今回の発表で「天地創造SOS」から「FLASHBACK」まで全11曲の曲目が明らかになり、この中にはジェフ・ミルズとのコラボレーション作品「スペクトル」の収録曲「ウルトラソーダ」も含まれる。

また6曲目の「弁天様はスピリチュア」は2014年6月12、13日に東京・吉祥寺バウスシアターにて相対性理論が秘密裏に行ったレコーディングから楽曲制作がスタートしたナンバー。吉祥寺バウスシアターは2014年6月10日に閉館しており、レコーディングは閉館後、解体作業が行われる直前に実施された。なお吉祥寺バウスシアターで「爆音映画祭」を開催してきた映画、音楽の評論家である樋口泰人(boid)は「天声ジングル」について「この歌たちの生まれてきた、果てしなく遠い彼方の場所と時間のことを思った。過去でも未来でもある彼方のその場所が、今ここにいるわたしの身体を震わせているのだ」とコメントしている。

相対性理論は7月22日に東京・日本武道館にて自主企画「八角形」を開催。「天声ジングル」には封入特典として「“八角形のなにか”引換券」が封入され、この引換券を持って相対性理論の武道館ライブに参加した人には“八角形のなにか”が配布される。

樋口泰人(boid)コメント

歌っているのはオーディオ機器のようでもありわたしのようでもあるような、不思議な錯覚に陥った。そしてこの歌たちの生まれてきた、果てしなく遠い彼方の場所と時間のことを思った。過去でも未来でもある彼方のその場所が、今ここにいるわたしの身体を震わせているのだ。しかしそれは不思議なことでもなんでもない。あなたもわたしもそして機械も、生まれながらにして今ここと彼方とをつなぐ共鳴マシンであるからだ。

このアルバムから聞こえてくる音楽が、当たり前のように、そんなことを告げる。だからわたしがそこにいるだけで、その歌はきっとどこからか響きだすはずなのだ。「相対性理論」はそれらの共鳴音の収集家たちなのだろう。飛び交う様々な周波数にチャンネルを合わせ、彼方からのメッセージに心震わせる、「コンタクト」(ロバート・ゼメキス監督)のジョディ・フォスターとしてのやくしまるえつこを妄想する。

※記事初出時、見出しおよび本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

相対性理論「天声ジングル」収録曲

01. 天地創造SOS
02. ケルベロス
03. ウルトラソーダ
04. わたしがわたし
05. 13番目の彼女
06. 弁天様はスピリチュア
07. 夏至
08. ベルリン天使
09. とあるAround
10. おやすみ地球
11. FLASHBACK

※全形態共通封入特典「“八角形のなにか”引換券」
(2016年7月22日開催 相対性理論 日本武道館自主企画公演「八角形」にて引換え)

相対性理論 presents「八角形」

2016年7月22日(金)東京都 日本武道館
OPEN 18:00 / START 19:00

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】