音楽ナタリー

KOBerrieS♪の新曲MVに松村邦洋が登場、休憩時間はみんなで自撮り

267

KOBerrieS♪の新曲「ドンギバ♪」ミュージックビデオのワンシーン。

KOBerrieS♪の新曲「ドンギバ♪」ミュージックビデオのワンシーン。

KOBerrieS♪が本日2月10日にリリースした両A面シングル「こんなに人好きになるんだね / ドンギバ♪」より、表題曲である2曲のミュージックビデオがフォーライフミュージックエンタテイメントのYouTube公式チャンネルで公開された。

新曲「ドンギバ♪」のMVには松村邦洋が出演。毎年1月17日に阪神淡路大震災により被災した商店街で復興支援ライブを続けているKOBerrieS♪が、過去に松村も同じ商店街を訪れて支援活動を行っていたことを知り、強いシンパシーを感じたためMV出演をオファーした。MVの中では松村演じるオーディションに落ち続ける芸人をメンバーが明るく励まし成功へと導く姿を、この歌のコンセプトである「夢をあきらめない人への応援歌」に重ねて描かれている。

今回の松村との共演についてKOBerrieS♪キャプテン・間中芽衣は、「緊張MAXだったんですが、『寒くない?』とかすごく気にかけてくれたり、空き時間にたくさんモノマネしてくれたり! 久しぶりに笑わせていただきました(笑)」と感想を語った。一方、松村は「KOBerrieS♪の皆さんは明るく澄んでいて、撮影の休憩時間には携帯での自撮りの方法を教えてもらったりと、一緒に仕事ができて楽しかったです。アイドルもプロ野球のように地元を大切にして全国へ発信していく時代です。高校野球で地方の高校が勝ち上がって、大舞台甲子園で名門高校と勝負するように、KOBerrieS♪がこれから大きく羽ばたいていく事を楽しみにしています」とコメントした。

なおKOBerrieS♪の5枚目の全国流通盤となるシングルはTYPE-AからTYPE-Dの4種類で、ジャケットではそれぞれ「神戸の今」が表現されている。TYPE-AとBには阪神淡路大震災で大きな被害を受けた西神戸センター街や大正筋商店街で撮影したメンバーの写真を使用。TYPE-Cは表面を伊藤優里が、裏面を山下香奈が「それぞれのメンバーと神戸」をテーマに色鉛筆で描き下ろしたイラストがデザインされた。TYPE-Dは前作「チグハグコミュニケーション / Glory Days」に引き続き神戸在住の切り絵作家・民井達也がデザインを手がけており、神戸ポートタワーの下で元気に躍動するメンバーを描いた。

音楽ナタリーをフォロー