音楽ナタリー

「ずっとそばにいてほしい」RYUJI、生誕祭でスラッシャーに伝えた“最愛”

3263

RYUJI

RYUJI

DISH//のRYUJIが1月30日に、東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて生誕イベント「RYUJI 19th Birthday party ~今年こそスーパーヒーローになるぞ!~」を行った。

このイベントは、1月6日に19歳になったRYUJIの誕生日を祝うもの。開演時間を迎えると、客席の扉から元気よくDISH//の4人が登場する。グリーンのスーツに身を包んだRYUJIは紙皿を投げながらメンバーの先陣を切って客席を練り歩き、スラッシャー(DISH//ファンの総称)の大歓声を浴びながらステージへ。彼は舞台に上がるなり「やべえ、超楽しい!」と笑顔を弾けさせ「今年こそスーパーヒーローになるぞー!」とタイトルコール。これにTo-iは「じゃあ俺、ヒロインになる!」、TAKUMIは「俺は脇を固めるわ」と続き、会場を盛り上げた。

4人はRYUJIのソロ曲「かっとびバリバリーゼント」でライブをスタートさせる。続く「Shall we dance????」は“スペシャルバージョン”と称して曲中にMASAKIが言う「Shall we dance?」というセリフをRYUJIが担当。RYUJIが甘い声で「Shall we dance?」とささやくとスラッシャーから悲鳴のような歓声が上がり、すねるMASAKIをよそにTo-iとTAKUMIは「セリフパート、RYUJIが担当でいい気がする!」と楽しそうに提案していた。また、4人の自己紹介でRYUJIは、「高校卒業18歳」というフレーズを「見た目はヤンキー19歳」と変更した新しい口上を披露する。メンバーから今年の抱負を問われた彼は「20歳に向けての1年間にしたい。この1年で、徐々に大人になっていけるように」と目標を語った。

TAKUMI、MASAKI、To-iが一旦ステージをあとにすると、続いてRYUJIのソロライブのコーナーへ。RYUJIは「これから歌……歌うんだけどさあ、ライブ中にそんなに話さない俺からしたら、こんなにしゃべるのはなんか、すごい緊張してる!」と照れながらも「でも大丈夫。みんないるからね」と気持ちを整えるようにつぶやいた。彼は続けて「ライブとかしてるとさ、僕の白いペンライトって周りの色にぼかされてしっかりと見えないんだけど、今日は真っ白だからうれしいなって思います! どう? DISH//結成してもう5年になるんだけど、俺、昔と比べて変わったかな?」と問いかける。客席からは「カッコよくなったよ!」と声が飛び、RYUJIは「カッコよくなった? ありがとう」と返した。

彼は「DISH//として、大切なときにこの曲歌うじゃないですか。いつもメインボーカルのTAKUMIを後ろから見ててさ、カッコいいなって思うわけよ。今日は俺にとって大切な日だからさ、歌わせていただきます」と語り、ピアノ伴奏に乗せて「恵比寿物語」を披露した。RYUJIは1つひとつのフレーズを丁寧に歌いつないでいき「いつもTAKUMI、大変なんだな」と照れ笑いを浮かべる。そして次の曲は「生誕祭で何を歌いたいかなって考えたときにぱっと思い浮かんだ曲」だと明かすと、RYUJIは「いろいろ考えるんだけどさ、ぼくがスラッシャーのみんなに対して今一番思っていることは、ずっとそばにいてほしいことだなと思って。そんな感じの曲を歌います」と福山雅治「最愛」のカバーをスラッシャーに届けた。彼は真摯なまなざしで思いを込めるようにハスキーな歌声を響かせ、スラッシャーはRYUJIに熱い視線を向けていた。

ライブコーナーを終えメンバーが全員舞台上に揃うと、RYUJIはこのイベントのために用意してきた手紙を開いた。彼は「去年はスラッシャーとの思い出、DISH//との思い出、たくさんもらえたし、すげー楽しくて充実してました。来年は20歳だし、俺なりに恩返しができたらなと思います。不器用かもしれないけど、大人に近付くこの1年で『成長したな』と思ってもらえるようにがんばるので、変わらずDISH//のそばにいてください。RYUJIに付いて来てください。メンバー! 今年は4人で旅行行こうね!」と手紙を読み上げ「あらたまっちゃってさ、俺らしくないね」と笑った。これにTo-iは「この生誕祭通して、RYUJIけっこうかわいい。RYUJIかわいいよ!」と反応し、RYUJIを一層照れさせる。イベントの最後を飾ったのは「GRAND HAPPY」。会場は一体となって「RYUJIがRYUJIが大好きだ!」と叫び、4人は客席へ飛び出してスラッシャーのすぐ近くで感謝を伝えていた。

RYUJI 終演後コメント

去年よりも会場のスケールが大きいし、見える景色が違ったので「ここまで成長できたんだな」っていう思いがありました。本当にたくさんのスラッシャーに来てもらえてよかったなって思いました!
あらためて、白いペンライトの光だけの光景を見ると「いいな、白っていい色だな」って感じました。今年の1年は20歳につなげられるように段階を踏んで大人になっていきたい。大人になるための準備期間だと思っています。あとは、スラッシャーに「伝える」っていうことを、今までよりも大事にしていきたいなって思っています!

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】