音楽ナタリー

NMB48映画舞台挨拶にHKT48乱入、「1日に2つとも観て」

368

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」舞台挨拶の様子。

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」舞台挨拶の様子。

本日1月15日(金)に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、NMB48のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」の完成披露上映会とメンバーによる舞台挨拶が行われた。

映画上映後に行われた舞台挨拶には今作の監督を担当した舩橋淳のほか、NMB48より山本彩、渡辺美優紀、白間美瑠、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉が登場。舩橋監督は「彼女たちがキラキラしているのはかわいいからだけではなくて、激しい競争社会の中、ギリギリのところで戦っているからこそだと思う。今回の撮影では着替え部屋以外の現場すべてに密着して、アイドルのジレンマを描きました。NMB48の光の面だけでなく、影の面も収めています」と撮影を振り返りながらしみじみと語った。

映画の見どころについて渡辺は「ふぅちゃん(矢倉楓子)が涙するシーンは、同じメンバーとしてもグッとくるものがありました」と語る。また山本は「今回の映画では普段はなかなか見せないような涙や葛藤、悩みというのが詰まっています。私たちの人間らしい部分も見せることで、観ていただいた皆さんの中で何か心に響くものがあるんじゃないかなと思っています。NMB48をこれまで知らなかった人たちにも観ていただいて、NMB48ってこんなにアツいグループなんだなと思ってもらいたい」と映画公開に向けての意気込みを明かした。

舞台挨拶がひと段落すると「ちょっと待ったー!」というひと言とともに、HKT48のメンバーが乱入。指原莉乃、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子の7名が舞台袖からサプライズで登場した。彼女たちはNMB48の映画公開日と同じ1月29日に、HKT48のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」が封切りになる旨を観客に告知。さらに映画で監督を務めた指原は「私の初監督作品ということで、一生懸命編集もしました。メンバーが見せたくないと思うようなシーンもカットせずに使っているので、ぜひ観てもらいたいです」と、今作を紹介した。映画が同日に公開されることについて山本は「穏便に、どちらも観ていただければ」とコメント。指原は「1日に2つとも観るのがいいと思います。タイトルから連想する“涙”の意味も全然違いますから、どちらも楽しめます」とお互いのグループの作品をアピールした。

※記事初出時、舩橋淳監督の名前の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー