音楽ナタリー

さくら学院、ダイナミックなアンサンブル響かせた「倭-YAMATO-の太鼓塾」

509

「『倭-YAMATO-の太鼓塾』の授業」2時限目の様子。

「『倭-YAMATO-の太鼓塾』の授業」2時限目の様子。

さくら学院が昨日1月31日に東京・TFTホール500にて公開授業イベント「『倭-YAMATO-の太鼓塾』の授業」を開催した。

2015年最初の公開授業イベントの講師は1993年に結成された和太鼓集団「倭-YAMATO-」。奈良・明日香村を活動拠点とし、1年のうち半年から10カ月は海外公演に出向くという彼らは、これまでに世界各国で3000公演以上のパフォーマンスを行っている。

今回の公開授業もメンバーを入れ替えた“2時限制”で実施され、1時限目には菊地最愛、磯野莉音、大賀咲希、山出愛子、岡田愛、2時限目には水野由結、田口華、野津友那乃、白井沙樹、倉島颯良が出席。「倭-YAMATO-」直伝の和太鼓パフォーマンスを習得すべく、いつもの制服姿とは異なるTシャツにデニムという格好で授業に臨んだ。またいつもは授業を見守りながら、生徒と講師とのトークを取り持つ担任の森ハヤシ先生も生徒たちと一緒に稽古に取り組んだ。

1時限目に出席した菊地は開始前に「『太鼓の達人』をずっとやっていたので、すごく楽しみにしていました。でもこないだ(田口)華とやったら、負けちゃって自信をなくしてて。だから今日は自信を取り戻せるように“顔笑りたい”と思います!」と意気込む。磯野は「I am!」「りのーん!」という新しい自己紹介をお披露目して会場の父兄(さくら学院のファン)を沸かせた。2時限目は田口が「部活動を作るなら和太鼓部を作りたいと言ってたり、習い事をするなら和太鼓をやりたいと思っていたのでとても楽しみです」と目を輝かせる一方、ほかの面々は1時限目に出席した菊地と同様にゲーム「太鼓の達人」を引き合いに出しながら意気込みを語った。

授業ではまず「倭-YAMATO-」が挨拶代わりにパフォーマンスを披露。迫力満点の演奏を間近で鑑賞した生徒たちは「すごい」「心臓がバクバクした」などと、興奮した様子でそれぞれ感想を口にした。続いて生徒たちは「倭-YAMATO-」が普段行っているトレーニングの一部に挑戦することに。10kgを越える締太鼓を持ち上げたり、「倭-YAMATO-」が1日に3000回行うというバチの素振りをなんとかこなし、そのハードなトレーニング内容に驚きの表情を見せた。

実演パートでは1時限目では磯野、2時限目では野津が巨大な桶胴太鼓、それ以外のメンバーは宮太鼓を叩きながらレッスンを受ける。生徒たちはリズムを言葉にして発する「口唱歌」を唱えながら太鼓を叩いてリズムを体に染み込ませ、「ヨッ!」や「セイヤーッ!」、「ハーッ!」といった掛け声を交えたテクニックを身に付けた。そして授業の最後には「倭-YAMATO-」と森先生を交えて組太鼓のパフォーマンスを実施。さくら学院メンバーは元気よく太鼓を叩いて、会場いっぱいにダイナミックな太鼓のアンサンブルを響かせた。

2時限目の終わりでは田口のリクエストで、それぞれ思いの丈を叫びながら巨大な桶胴太鼓をバットバチで叩く場面も。その後水野が授業を振り返り「個々が“顔笑って”協力して、1つのものを作るのは、さくら学院っぽくていいなって思いました」とコメントして、公開授業イベントを締めくくった。

さくら学院は2月15日に東京・LIQUIDROOMにて2部制のワンマンライブ「The Road to Graduation 2014 ~Happy Valentine ~」を開催。3月4日には2ndDVDシングル「仰げば尊し ~from さくら学院 2014 ~」のリリースも予定している。

The Road to Graduation 2014 ~Happy Valentine ~

2015年2月15日(日)東京都 LIQUIDROOM
[1回目]OPEN 14:30 / START 15:00
[2回目]OPEN 18:00 / START 18:30

音楽ナタリーをフォロー