音楽ナタリー

Berryz工房休止前ラストシングルで“永久”歌う

345

2015年春をもってグループ活動を無期限停止するBerryz工房が、11月12日に活動停止前最後のシングル「ロマンスを語って / 永久の歌」をリリース。本作の詳細が発表された。

通算36枚目にして区切りのシングルとなる今作。表題曲の1つ「ロマンスを語って」はプロデューサーのつんく♂曰く「星が見えてくるようなサウンド」が特徴的な、ロマンチックかつキュートな楽曲に。もう1曲の「永久の歌」(とわのうた)は、活動停止という話が出ていなかった時期に制作されたにもかかわらず、つんく♂が彼女たちの長い歴史を思いながら「彼女達を心からリスペクトする気持ちを、曲に詰め込んで書きあげました」という意義深いナンバーだ。つんく♂は本日10月4日付けのブログにライナーノーツを掲載しているので、ファンはぜひチェックしておこう。

なお、この2曲は10月18日からスタートするツアー「Berryz工房デビュー10周年記念コンサートツアー2014秋 ~プロフェッショナル~」にて初披露される。

清水佐紀 コメント

この10年間、大好きな歌を私達は歌い続けてくることが出来ました。つんく♂さんやスタッフ、そしてファンの皆様、本当にありがとうございます。思い返すと、小学生でデビューした私達にとって1stシングル「あなたなしでは生きてゆけない」は、ハードルの高い大人な曲でした。歌詞に出てくる「半信半疑」の意味が理解できず、メンバーみんなで辞書で調べていたのが懐かしいです。締めくくりとなる今作は、今の私達だからこそ伝わるものがあるのかなぁと思っています。これからも私達の心に残っていく大事な曲になると思うので、一人でも多くの方に聴いて頂けたら嬉しいです。

嗣永桃子 コメント

10年間で36枚ものシングルを出せる環境に立たせて頂いていることに感謝の気持ちでいっぱいです。つんく♂さんから「頼れる存在になった」というお言葉を頂きました。褒められることに慣れていないので、若干リアクションに困っています。ただ、これに味を占めて「ももち!許してにゃん▽体操」第二弾お待ちしております▽▽来春まで精一杯がんばりますのでラストシングルを皆様どーぞよろしくにゃん▽
(※▽はハートマーク)

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】