映画ナタリー

岩田剛典、荒廃した街で弾き語りする役に「どんな世界観!?」出演作イベントで語る

1199

「CINEMA FIGHTERS」プレミア上映イベントの様子。

「CINEMA FIGHTERS」プレミア上映イベントの様子。

本日11月8日、「CINEMA FIGHTERS」のプレミア上映イベントが東京・TOHOシネマズ 上野で開催され、岩田剛典EXILE三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と石井杏奈E-girls)が出席した。

「CINEMA FIGHTERS」は、EXILE HIRO率いるEXILE TRIBEとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)のコラボプロジェクト。LDHの楽曲をテーマに6本の短編映画が製作され、岩田はEXILEの「Heavenly White」をもとにした落合賢監督作「SWAN SONG」、石井は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Unfair World」を河瀬直美が映像化した「パラレルワールド」に出演した。

新潟で撮影が行われた岩田の出演作。すでに作品を鑑賞したという石井が「雪を見ただけで切なさや悲しさを感じたのは初めて。すごく寒そうでしたね」と声をかけると、岩田は「めちゃくちゃ寒いよ! シャレにならんよ……」と本音を漏らす。そして、岩田は台本を読んだときのことを「世紀末みたいな設定で、どんな世界観だよ!?と思いました(笑)。人が減っていって荒廃した街で、なぜか弾き語りをしているギタリスト。情報が多すぎて処理できません!」と述懐し、「俺は最後の人類として生き残るんだ!ってサバイブしていましたね。雪の中を延々と歩かされたときは、カットの声がかからなくて遭難するかと思いました」と撮影時を回想した。

台本がなく、撮影にあたっては“出会う”などのキーワードが書かれた1枚の紙を渡されたのみだったという石井は「セリフはアドリブでやらせていただきました。2日間の撮影でしたが、共演の山田孝之さんとは初日に初めてお会いして、すぐタメ口で話さなければいけなくて」と苦労を明かす。岩田が「キスシーンは初日に?」と素朴な疑問を投げかけた際には、石井は「初日でした! 山田さんと無言のやりとりがあったあとに、監督から『ちょっとやろうか』って言われたんです」と答え、岩田を「ちょっとやろうか!? おもしろ!」と笑わせる。

寒い中での撮影だった岩田とは対照的に、石井は暑さに悩まされていたそう。石井は「いつ撮っているのかがわからないから日焼け止めを一切塗ることができなくて、ガングロになりました」と苦笑し、河瀬の演出方法については「『私の言ったことは天の声の指示だと思って、自分の気持ちに従って』と言われたんです」と言及する。また、2人は今後のショートフィルム出演に意欲的な様子を見せ、岩田は「次はハワイで!」と、石井は「私は北海道」とロケ地の希望を述べた。

最後に石井は「多くの人に届くことを願っています」と、岩田は「これからの自分たちのチャレンジにも期待していただければ」とファンにメッセージを送り、ステージをあとにした。

「CINEMA FIGHTERS」は、2018年1月26日より東京・TOHOシネマズ 新宿ほか全国でロードショー。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

(c)2017 CINEMA FIGHTERS

映画ナタリーをフォロー