映画ナタリー

「ユリゴコロ」初日、吉高由里子や松坂桃李が純愛エピソード語る

582

「ユリゴコロ」初日舞台挨拶の様子。左から熊澤尚人、清野菜名、松坂桃李、吉高由里子、佐津川愛美、清原果耶、Rihwa。

「ユリゴコロ」初日舞台挨拶の様子。左から熊澤尚人、清野菜名、松坂桃李、吉高由里子、佐津川愛美、清原果耶、Rihwa。

ユリゴコロ」の初日舞台挨拶が本日9月23日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの吉高由里子松坂桃李佐津川愛美清野菜名清原果耶、監督を務めた熊澤尚人が登壇した。

沼田まほかるの同名小説を映画化した本作は、人の死を心の拠りどころとする女性・美紗子の物語。美紗子を吉高が演じたほか、松山ケンイチが美紗子と運命的な出会いを果たす洋介、松坂が殺人者の秘密に迫っていく亮介を演じている。

初日を迎えた感想を吉高は「自分もけっこう摩耗して臨んだ作品なので、大勢の方に観ていただけるのがうれしいです」と一言。すると熊澤が「吉高さんなくして作れなかった映画です。血を流しながら、涙を流しながら体当たりで演じてくださいました。100年は残る彼女の代表作になっていると思います」と続ける。吉高は映画のクライマックスの撮影を「2日間ずっと泣きっぱなしで。涙腺をどうにか刺激して乗り越えました」と振り返る。

吉高や松山が出演する過去パートと、松坂や清野が出演する現代パートに分かれている本作。完成した映画で、初めて過去パートを目にしたという松坂は「ちょっとだけ過去パートにも出演してみたくなった」と述べ、ほかのキャスト陣を驚かせる。そして「現代が“動”なら、過去は“静”で。静かな流れの中で、いろんな感情が渦巻いているような。その空気感を肌で感じてみたかったですね」と語った。

続いてさまざまな形の“純愛”が描かれる物語にちなみ、登壇陣が自身の“純愛”を明かす。熊澤が映画への一途な愛、清野が8年間ファンだというジャスティン・ビーバー、吉高が20歳の頃から偏愛してやまないハイボールと答えていく中、松坂は両親のエピソードを披露。「親父がお袋にプロポーズをするとき、土下座しながら『僕は君と結婚できなきゃ死ぬ!』って言ったらしくて。初めて聞いたときは、今どきドラマでもそんなプロポーズしないって思ったんですけど。思い返すとこれが“純愛”なのかなって(笑)」と。このプロポースに対し、吉高は「狂気的……。純愛のような脅迫のような(笑)」と感想を述べた。

イベントでは、主題歌「ミチシルベ」を歌うRihwaが生歌を披露する場面も。Rihwaの熱唱を目の当たりにした吉高は「すっごい気持ちのいい、壮大なラブストーリーの歌だなって感じます。エンドロールで流れるのを聴いたら本当にこの映画にぴったりなんですよ」とうっとりした表情で語る。初めて映画の主題歌を手がけたというRihwaは「普段は“あったかい愛”をテーマに書いてるんですけど、この曲では初めて愛が持つ暗闇を表現させていただきました」と続けた。

そのほか本日の登壇が叶わなかったキャストの木村多江、松山からのメッセージも届けられたイベントは、盛況のうちに幕を閉じた。「ユリゴコロ」は、全国でロードショー。

(c)2017「ユリゴコロ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー