映画ナタリー

福士蒼汰がコブクロのメンバーに!?舞台挨拶で黒田俊介「家系におらん」とツッコむ

1121

「ちょっと今から仕事やめてくる」舞台挨拶の様子。左から工藤阿須加、福士蒼汰、小渕健太郎、黒田俊介。

「ちょっと今から仕事やめてくる」舞台挨拶の様子。左から工藤阿須加、福士蒼汰、小渕健太郎、黒田俊介。

ちょっと今から仕事やめてくる」の舞台挨拶が本日5月21日、東京・イイノホールにて行われ、キャストの福士蒼汰工藤阿須加、主題歌を担当したコブクロの小渕健太郎と黒田俊介が登壇した。

イベントはコブクロのライブからスタート。演奏前のトークでは黒田が「ボーカル担当の福士蒼汰です」と挨拶し、小渕が「今日は昨日付けで会社を辞めてきた人しか来てないとか」とコメントするなど冗談を連発し、観客の笑いを誘う。ライブ初披露となった主題歌「心」をバイオリンやハープの生演奏とともに歌い上げると、観客から大きな拍手が上がった。

その後、工藤とともに登壇した福士が「コブクロの黒田です」と挨拶すると、黒田が「おかんびっくりするわ! 黒田の家系にこんなシュッとしたのおらんって」とツッコみ、会場を盛り上げる。子供の頃からコブクロの楽曲が好きだと言う福士は「『心』もまさに心に響きました。袖で聴いていて歌いたくなりました」とコメント。工藤も「映画にすごくマッチしていました。作品に引き込んでくれる歌で、大好きです」と絶賛する。

小渕に「監督からのジャッジと自分のジャッジがズレて葛藤することはないですか?」と質問を受けた福士と工藤はともに「あります」と返答。工藤は「自分の演技に満足したことはないですし、もっとやりたいとよく思います。でも今回、成島出監督に『主役は作品だよ』と言っていただき、監督がOKと言えばOKなんだと改めて思いました」と裏話を披露する。福士も「監督にOKと言われても自分の中で納得できないことはありますが、ほかの人の言うことを信じるようにしています。でもイケた!と思ったのに、『もう1回』と言われたときは切ないですね」と述べ、笑う。

サラリーマン経験のある小渕は「会社のシーンを観ていて当時のことを思い出しました。だからこの映画はすごくリアルだなと。あと黒田がこの世界に連れ出してくれたんですが、劇中の2人と僕らの姿が重なりました」と作品の感想を述べる。一方、大阪出身の黒田は劇中の福士の大阪弁に対して「大阪弁はすごくよかったんです。でも大阪にこんなシュッとした人おらへん」とツッコむ。その言葉を笑って受け止めていた福士は「本番ギリギリまで練習してました」と撮影を振り返った。

最後の挨拶で福士は「この映画を観て何か光を感じてもらえたらうれしいです。それぞれの方が感じたものをきっかけに一歩前に踏み出していただけたら」と述べ、イベントの幕を引いた。

「ちょっと今から仕事やめてくる」は、5月27日より全国ロードショー。ブラック企業に勤める青山隆と、彼の幼なじみを自称する謎の青年・ヤマモトを軸に物語が進行する。

(c)2017 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

映画ナタリーをフォロー