映画ナタリー

松井玲奈、主演作「笑う招き猫」初日に「福山雅治がいた!?」と勘違い

312

「笑う招き猫」初日舞台挨拶にて、左からなすなかにし、落合モトキ、松井玲奈、前野朋哉、飯塚健。

「笑う招き猫」初日舞台挨拶にて、左からなすなかにし、落合モトキ、松井玲奈、前野朋哉、飯塚健。

笑う招き猫」の初日舞台挨拶が本日4月29日、東京・新宿武蔵野館で行われ、キャストの松井玲奈落合モトキ前野朋哉なすなかにし、監督の飯塚健が登壇した。

本作は、小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の「笑う招き猫」をもとにした青春ドラマ。結成5年目の売れない漫才コンビ“アカコとヒトミ”がお笑いの世界で奮闘し、時に挫折しながらも夢を追いかける姿を描く。

作品のタイトルにちなみ、本日のトークテーマは「私は○○を招く」に。松井は元気よく「空耳を招く!」と回答し、つい先ほどもとんでもない聞き間違えをしたことを告白。「さっき(なすなかにしの)那須(晃行)さんが『福山雅治がいた』って言ったので、スペシャルゲスト!?って思ったら違って」と話す松井を横目に、那須は「(場内が混みすぎて)『トイレ入るのが不可能だった』って言ったの。そしたらなぜか1人だけテンション上がってて」と観客に状況を説明する。松井は「『トイレに福山雅治がいた』って聞こえたから、ここで1曲歌ってくださるのかな?って」と残念がり、共演者たちを笑わせた。

松井扮するアカコの相方・ヒトミを演じたのは、2月に突然の引退発表などで世間をにぎわせた清水富美加。飯塚は苦笑いしながら「トラブル(を招く)と言いたいところだけど」と回答しつつ、「報道でご存知のとおり、この作品にはいろいろあって。なので今日を迎えられてよかった、すごくうれしい」と素直な気持ちを口にする。作品については「いろいろな状況に置かれたさまざまな世代の人たちが、何かをやめるという決断をする物語。前進するためのやめるという決断です」とアピール。

松井も「何かに挑戦して挫折しても、もう一度立ち上がってやりたいことに向かっていくお話です。この作品を観て、ちょっとでも勇気を持っていただけたらうれしいです!」と思いを込めて語った。

(c)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

映画ナタリーをフォロー