映画ナタリー

オーソン・ウェルズのドキュメンタリー日本初放送、「市民ケーン」「第三の男」も

74

「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」

「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」

2015年に生誕100年を迎えたオーソン・ウェルズのドキュメンタリー「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」が、スターチャンネルにて6月3日に放送される。本作が日本で放送されるのはこれが初めて。

「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」は、監督デビュー作「市民ケーン」で高い評価を受けながらも、芸術性と商業性のはざまで苦闘したウェルズの人生を再検証するドキュメンタリー。“神童”と呼ばれた子供時代やラジオ番組「宇宙戦争」で全米をパニックに陥れたてん末、そして映画界の異端者とされた不遇の時代まで、ウェルズのさまざまな伝説の真実が彼の家族や関係者、共演者の証言によって明かされる。監督を務めたのは「ビートニク」のチャック・ワークマン。

なおスターチャンネルではこのドキュメンタリーの放送にあわせ、6月1日には「市民ケーン」、2日には「第三の男」をオンエアする。3本あわせて鑑賞してみては。

「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」独占日本初放送&関連2作品特別放送

スターチャンネル2 2016年6月1日(水)~3日(金)
連日21:00~
<放送作品>
「市民ケーン」
「第三の男」
「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」

(c)2014 Cohen Welles Project LLC

映画ナタリーをフォロー