映画ナタリー

「動物戦隊ジュウオウジャー」覚醒!しっぽ姿披露したキャストを寺島進が激励

418

「動物戦隊ジュウオウジャー」制作発表会見

「動物戦隊ジュウオウジャー」制作発表会見

本日1月23日、東京・東京ドームシティ プリズムホールにて「動物戦隊ジュウオウジャー」の制作発表会見が行われた。

「百獣戦隊ガオレンジャー」以来15年ぶりとなる、動物をモチーフにした戦隊ヒーロー「動物戦隊ジュウオウジャー」。動物学者である人間の風切大和と、異世界ジューランドの住人で、宇宙からの敵の攻撃を受けたことにより故郷を追われた4人のジューマンがタッグを組み、宇宙の無法者集団デスガリアンから地球を守るために戦いを繰り広げる。

動物戦隊ジュウオウジャーの登場に続き、主題歌「動物戦隊ジュウオウジャー」が流れる中、ジョウオウイーグル・風切大和役の中尾暢樹、ジュウオウシャーク・セラ役の柳美稀、ジュウオウライオン・レオ役の南羽翔平、ジュウオウエレファント・タスク役の渡邉剣、ジュウオウタイガー・アム役の立石晴香、そして大和の叔父・森真理夫役の寺島進が登壇。作品への意気込みを聞かれ、中尾は「スーパー戦隊第40作品目ということで、記念すべきジュウオウジャーをこのメンバーで精一杯盛り上げていきたい」と抱負を述べた。南羽も続けて「僕たちにしかできない作品を獅子奮迅の気持ちでがんばって作っていきたい」と自身のジュウオウライオン役にかけてコメントをするなど、1人ひとり丁寧に答えていく。

このたびの出演が決まったことについて聞かれると、柳は「実は中学生の頃からサメの筆箱を使っていて、今回ジュウオウシャーク役ということに運命を感じました。このためにサメの筆箱を買ったのかなと思うほどです」と運命的な出会いへの喜びを語った。象のヒーローという珍しさに渡邉は「出たい作品だったので、決まることを信じていました。象のヒーローという今までない姿に、『大丈夫かな?』とも思ったけど、とてもカッコよく仕上がっています。5人の中で一番!」と、テーブル上に置かれたフィギュアを見ながら語り、笑みをこぼした。若手キャストのコメントに感心した様子の寺島は「僕は動物の着ぐるみを着て毎回演じている。着ぐるみといえばビートたけしさん。今回この仕事をいただいて、打倒ビートたけしさんと思って撮影に臨んでいます」とコメントし会場を沸かせると、さらに「ビートたけしさんが嫉妬する作品、最高傑作になること間違いない」と自信を見せた。

寺島が叔父さん役と聞き、中尾は「子供の頃からテレビで拝見していた人と一緒にお芝居ができるだけですごいことです」と語ると、寺島が「お前、運がいいなあ」と発言に割り込む。「1年間、寺島さんといるときは片時も目を離さず演技を見ていたい」と話すとすかさず寺島が「お前、いつもそっぽ向いてるだろ?」とツッコミ。中尾が「寺島さんみたくカッコよく歳をとりたいです」とコメントすると、「がんばれよ!」と親心を見せた。

撮影現場の雰囲気について柳は「撮影が始まった頃はみんな緊張していたけど、クールに見えるタスク役の剣くんがムードメーカー役になってくれたおかげで打ち解けられました。私を上回るぐらいよくしゃべるんですよ」と明かす。髪型が個性的な南羽も「レオはドレッドヘア姿と聞いたとき、ネットでドレッドヘアを必死に検索したんです。自分の髪型に違和感しかなくて、周りのみんなも僕を見て笑ったりしてて……」と、楽しい撮影現場であることを感じさせる。続けて「動物戦隊ということで、僕らにはしっぽやヒレがついてるんです。そのあたりも僕たちならではなので注目してほしいです」と語ると、中尾を除く一同は各々のしっぽを特別に披露。直後、中尾が「みんなが振り向くとバシバシあたるんですよ。早く距離感に慣れてほしいですね」とメンバーに注文をつける一幕も。

そんな中、スーツアクターの経験を持つ寺島からは「今日の会場に30年ほど前、鬼怒川温泉でショーをやったときのメンバーとか、百貨店の屋上でヒーローショーをやった頃の仲間が来ていてね。当時、僕は自分で買った水色のブラジャーを付けてピンク役を担当してたよ」と思わぬエピソードが飛び出し、会場からは驚きの声が上がる。

現在放送中の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」と同じく、番組内でダンスを披露する「ジュウオウジャー」。中尾は「パパイヤ鈴木さんの振付が動物のポーズだったりしてとてもキャッチー。面白くて、みんな踊りたくなると思います。それぞれのポーズもあるので、ぜひ踊ってください」とコメント。1人苦戦したという渡邉は「撮影の合間に練習してなんとか覚えました。温かい目で見守ってください」と語った。

最後に「ジュウオウジャー」を通じて伝えたいことを聞かれたメンバーたち。中尾は「ヒーローは、子供の頃に誰もが憧れるものだし記憶に残るもの。ジュウオウジャーを観た世代の記憶にいつまでも残れるように正義感あふれるところを見せていきたい」と力強く語った。立石は「動物がモチーフの作品。人間の大和がジューマンを受け入れる姿や自分たちとは違う姿の者に優しく接する姿勢とかを観ていただきたいです。小悪魔的なキャラクターを演じる私ですが、人間とふれあう部分を観てほしい」と、清々しいメッセージが届けられた。大トリの寺島からは「気ぐるみは汗をかいて大変なんだぞ! 打倒ビートたけしも大変なんだぞ!!」と最後までビートたけしを意識した発言を繰り返した。

このあと行われたフォトセッションには、スーパー戦隊歴代40作の“レッド”が登場。ジュウオウジャーメンバーとの撮影が進められ、制作発表会見は終了した。

動物戦隊ジュウオウジャー

テレビ朝日系 2016年2月14日(日)スタート
毎週日曜 7:30~
<出演者>
中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、寺島進ほか

※映画ナタリー Power Push 公開中!
「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」 ニンニンジャー&トッキュウジャーがそれぞれ全員で座談会

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】