コミックナタリー

久米田康治「さよなら絶望先生」完結、7年超の連載に幕

920

本日6月13日発売の週刊少年マガジン28号(講談社)にて、久米田康治「さよなら絶望先生」が最終回を迎え、7年超の連載に幕を下ろした。

「さよなら絶望先生」は何事もネガティブに受け取る教師・糸色望と、何事もポジティブに受け取る女子生徒・風浦可符香を中心にした学園マンガ。時事ネタやあるあるネタなどに、言葉遊びと風刺を交えたギャグが展開される。2005年4月より連載がスタートし、現在までに3度TVアニメ化されるなど高い人気を博した同作。最終30巻の発売日は8月17日に決定した。

このほか今号から、西本英雄のレポートマンガ「もう、しませんから。」が「ちょっと盛りました。」に改題し、作者名もにしもとひでおと改められた。リニューアル第1回は「FAIRY TAIL」の作者・真島ヒロの仕事場を訪ね、インタビューを敢行している。

コミックナタリーをフォロー