コミックナタリー

「名探偵コナン」新章で急展開、黒ずくめの真実に近づく?

1601

青山剛昌「名探偵コナン」が、本日5月23日発売の週刊少年サンデー25号(小学館)から新シリーズ「ベルツリー急行殺人事件」に突入。物語が大きな節目を迎えるとして、小学館は「コナンVS黒ずくめ」の歴史を紐解く特設サイトも用意した。

「名探偵コナン」は、1994年より週刊少年サンデーで連載中の長編ミステリー作品。高校生探偵だった主人公が「黒ずくめ組織」と呼ばれる犯罪組織の手にかかり、盛られた薬の作用で子供の姿に変身してしまったことから始まる物語だ。

新たにスタートする「ベルツリー急行殺人事件」では、約3年ぶりに因縁の「黒ずくめの組織」が登場。作品内の重要人物が総出演する「コナン史上最も豪華で、最も真実に近づく」シリーズになると予告されている。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】