コミックナタリー

「ブラック・ジャック」実話の医療体験もとに新作発表へ

215

実際に起きた医療体験をもとに、手塚治虫「ブラック・ジャック」の新エピソードが制作されることが、本日2月9日発売の週刊少年チャンピオン11号(秋田書店)で発表された。

今号では全国の医療関係者を対象に、実際に体験した命に関わる感動的なエピソードを募集。手塚プロダクションと同誌編集部が共同で審査し、選ばれた体験談がマンガ化される。掲載は秋以降となる予定だ。誌面では手塚プロダクションの代表取締役社長・松谷孝征が「心があたたかくなる、どうしても子どもたちに伝えたい、あなたのすてきな体験を『ブラック・ジャック』が伝えます」とコメントし、エピソードを募っている。

賞金総額は100万円で、複数の優秀作に賞金10万円を進呈。さらに採用者には特典として、作中でブラック・ジャックと共演できる権利が与えられる。マンガ作品は週刊少年チャンピオンだけでなく増刊誌にも掲載され、後に単行本化もされるとのこと。奇しくも手塚の命日に発表されたこの企画、奇跡の体験を持つ医療関係者はぜひ応募してみよう。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞