コミックナタリー

平松伸二のジャンプ連載「ブラック・エンジェルズ」実写化

603

1980年代に人気を博した平松伸二「ブラック・エンジェルズ」の実写化が決定。2011年5月にジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントよりセルおよびレンタルDVDがリリースされる。

「ブラック・エンジェルズ」は週刊少年ジャンプ(集英社)にて1981年から1985年まで連載。法で裁かれない悪を陰で処刑していく暗殺者たちを描き、人気を博した。現在別冊漫画ゴラク(日本文芸社)にてスピンオフ作品「ザ・松田~ブラック・エンジェルズ~」が連載中だ。

実写版では主人公雪藤役をNAKED BOYZの落合モトキ、ヒロイン麗羅役を℃-uteのリーダー矢島舞美が演じ、監督を「ガチャポン」「TOPLESS」などを手がけた内田英治が務める。実写化にあたり平松は「自分の作品を違うメディアで取り扱ってくれることを大変嬉しく思います」と喜びのコメントを寄せた。

落合モトキコメント

原作を読み、自分が雪藤になれるのかという不安はありますが、一生懸命作り込んで、自分なりの雪藤にできれば良いと思っています。見所のアクションにも注目して下さい!

矢島舞美コメント

18歳の自分が、麗羅という大人の女性をしっかりと見せられるようにして行きたいと思います。練習を重ねてきたアクション含め、今まで自分が得た全てのものを全部出し切ります!

平松伸二コメント

自分の作品が映像化されるのは、30年くらい前に「ドーベルマン刑事」が映画、TVドラマ化されて以来であり、また自分の作品を違うメディアで取り扱ってくれることを大変嬉しく思います。落合モトキさん、矢島舞美さんには、原作のイメージにとらわれず、自分の若い感性で、雪藤、麗羅を演じて欲しいと思います。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞