コミックナタリー

日経エンタでマンガ特集、スエカネクミコ自作を語る

本日3月4日発売の日経エンタテインメント!4月号(日経BP社)の特集「全国書店員が選んだ 絶対読みたいマンガ34冊」に、スエカネクミコのインタビューが掲載されている。

同特集では、全国443書店で働く646店員におすすめマンガをアンケートする「全国書店員が選んだおすすめコミック2010」にて、上位ランクインした作品を紹介。スエカネは月刊IKKI(小学館)にて連載中の「放課後のカリスマ」がランクインし、作品紹介とともにインタビューが行われた。

「放課後のカリスマ」スタートのきっかけは「ライトノベル的なマンガをやりませんか?」という依頼だったが、スエカネはライトノベルを読んだことがなく、「美男美女ばかりの学園で、人が死ぬ」程度の漠然としたイメージしかなかったという。他にも設定に関する秘話、サイン会で判明した意外な人気キャラクターなどレアなトークが満載。

「全国書店員が選んだ 絶対読みたいマンガ34冊」では他に青桐ナツ「flat」、森薫「乙嫁語り」、中村光「聖☆おにいさん」などがランクイン。日々マンガのセレクトを生業とする書店員達が選んだ、おすすめマンガランキングをチェックしよう。

コミックナタリーをフォロー