コミックナタリー

大和和紀、手紙で「聴きどころはやはり酒乱シーン」と早見沙織の紅緒を絶賛

366

原画展「『はいからさんが通る』展 ~大正▽乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」に来場した早見沙織。

原画展「『はいからさんが通る』展 ~大正▽乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」に来場した早見沙織。

大和和紀原作による劇場アニメ「劇場版 はいからさんが通る」で主人公・花村紅緒役を務める早見沙織が、本日10月10日に東京・弥生美術館で開催中の大和和紀の原画展「『はいからさんが通る』展 ~大正▽乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」に来場した。

同展は「はいからさんが通る」の原画とともに、大正から昭和初期にかけての女性文化を紹介するもの。大和の初期作品や「あさきゆめみし」「ヨコハマ物語」といった代表作を含む、約200点の原画が公開されている。原画を目にした早見は「気分が高揚しました」と感激した様子を見せる。また常に原作を手元に置いてアフレコに挑んでいたことを明かし、「読んでいた『はいからさん』の世界が、目の前に広がっているのを目の当たりにして感動しています。何時間でもここにいられそう」と原画展の感想を語った。

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」の初号試写を見た大和から、「役者の皆さんの演技がとても素晴らしかった。音響、音楽、美術が素敵で非常によかった」という言葉をもらったと話すのは、松田章男プロデューサー。それを聞いた早見は安心した表情を見せ、「『はいからさん』の魅力は、ハッピーで快活に描かれるコメディ要素と、夢心地の少女の心をくすぐるときめき溢れるシーンの絶妙なバランス。それがそのまま映画にも反映されていて、いろんな気持ちを味わうことができました」と前編を観た感想を述べた。

ここで大和から早見宛の手紙が代読される。試写を観て「声優の皆さんの演技力を実感しました」と語る大和。そして「私が普段描いているのは無音の世界。登場人物たちが声優さんの声の力で生き生きと立体的に動き始める驚きと感動。アニメーションは絵の力はもちろんのこと、その絵を生かす声優さんの肉声の力が大きいんだなと痛感しました」と映画の感想を伝えた。さらに早見が演じる紅緒の魅力や、竹内まりやが作詞・作曲を手がけ早見が歌う主題歌「夢の果てまで」を絶賛。最後に「(早見の演技の)聴きどころは、やはり酒乱シーン。とてもコミカルで笑える演技なのに早見さんの持つ上品さを忘れていない。前編の名シーンの1つになった」と綴った。

緊張した面持ちで聞いていた早見は「うれしいです」と目を輝かせる。そして「共演者の方々みんなで一緒にアフレコしたので、このシーンいいよね、このキャラ好きだなってみんなで語り合いながらアフレコできたのが、映画のいい空気につながっているなと」とアフレコを振り返り、「みんなと楽しんでできたからこそ、快活な紅緒さんが生まれたと思う」と続けた。「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」は11月11日より全国ロードショー。後編は2018年公開予定だ。

「『はいからさんが通る』展 ~大正▽乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」

会期:2017年9月29日(金)~12月24日(日)
会場:弥生美術館
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜
料金:一般900円、大・高校生800円、中・小学生400円

「劇場版 はいからさんが通る」

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」2017年11月11日(土)公開
「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」2018年公開

スタッフ

原作:大和和紀「はいからさんが通る」 講談社 KCDX デザート
監督(前編)・脚本:古橋一浩
監督(後編):加瀬充子
キャラクターデザイン:西位輝実
サブキャラクターデザイン・総作画監督:小池智史
背景デザイン・美術監督:秋山健太郎
色彩設計:辻田邦夫
撮影監督:荻原猛夫(グラフィニカ)
音響監督:若林和弘
音楽:大島ミチル
主題歌:「夢の果てまで」 早見沙織
アニメーション制作:日本アニメーション
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

キャスト

花村紅緒:早見沙織
伊集院忍:宮野真守
青江冬星:櫻井孝宏
鬼島森吾:中井和哉
藤枝蘭丸:梶裕貴
北小路環:瀬戸麻沙美
花村少佐:石塚運昇
ばあや:鈴木れい子
牛五郎:三宅健太
吉次:伊藤静

※辻田の辻は1点しんにょうが正式表記。

(c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

コミックナタリーをフォロー