コミックナタリー

みなもと太郎「風雲児たち」NHKでドラマ化、三谷幸喜脚本で来年1月放送

2469

みなもと太郎「風雲児たち」のドラマ化が発表された。正月時代劇として、2018年1月初旬にNHK総合で放送される。

「風雲児たち」は江戸時代の史実にコメディ要素を織り交ぜて描く大河歴史ギャグ。単行本はリイド社よりワイド版全20巻が刊行されている。現在はコミック乱(リイド社)にて、続編にあたる「風雲児たち 幕末編」が連載中だ。

ドラマのタイトルは「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」。“れぼりゅうし”はオランダ語で“革命”を意味する言葉で、前野良沢と杉田玄白による「蘭学事始」を題材に物語が展開される。脚本は三谷幸喜、音楽は荻野清子が担当。前野良沢役を片岡愛之助、杉田玄白役は新納慎也、平賀源内役を山本耕史、田沼意次役を草刈正雄が演じる。

ドラマ化に際し、みなもとは「私のギャグスピリットを最も良くご理解されている三谷幸喜氏の手でNHKでドラマ化されることを、大変嬉しく楽しみにしております。」とコメントを発表。三谷も「歴史ファン、みなもとファンとしてこれ以上の喜びはありません。」と話している。

みなもと太郎コメント

拙著『風雲児たち』は私のマンガのなかでも愛着のある作品で、だからこそ30数年、飽きもせず描き続けています。私のギャグスピリットを最も良くご理解されている三谷幸喜氏の手でNHKでドラマ化されることを、大変うれしく楽しみにしております。

三谷幸喜コメント

僕の大学時代に連載が始まった、みなもと太郎さんの『風雲児たち』。僕はこの作品で、歴史の新しい見方を学びました。『風雲児たち』には、今の日本を築き上げた先人たちの感動的なエピソードがぎっしり詰まっています。今回、そのほんのちょっと一部分をドラマ化しました。歴史ファン、みなもとファンとしてこれ以上の喜びはありません。

正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」

2018年1月初旬 NHK総合にて放送

スタッフ

原作:みなもと太郎「風雲児たち」
脚本:三谷幸喜
音楽:荻野清子
演出:吉川邦夫(NHKエンタープライズ)
制作統括:陸田元一(NHKエンタープライズ)、中村高志(NHK)

キャスト

前野良沢:片岡愛之助
杉田玄白:新納慎也
平賀源内:山本耕史
田沼意次:草刈正雄
ほか

コミックナタリーをフォロー