コミックナタリー

萩尾望都が90年代に別名義で執筆したSF小説「ピアリス」、初の単行本化

558

萩尾望都が過去に木下司名義で執筆した小説「ピアリス」が、本日7月13日に河出書房新社より発売された。

「ピアリス」は1994年から1995年にかけ、The Sneaker Special(角川書店)にて発表されたSF小説。過去が見えるピアリスと未来が見えるユーロという、幼い頃に生き別れになった双子の数奇な運命を描く物語だ。雑誌掲載時には文章は木下、挿絵として萩尾がクレジットされていた。

このたび「ピアリス」の初単行本化にあたり、巻末に収録されているインタビューにて、萩尾は木下司という作家が自分であることを初めて公表している。単行本には雑誌掲載時の口絵8ページ、挿絵イラスト40点も収められた。

コミックナタリーをフォロー