コミックナタリー

「無限の住人」舞台挨拶、不死身なのは誰?の質問に木村拓哉「海老蔵!」と即答

712

「無限の住人」初日舞台挨拶の様子。左から三池崇史、市川海老蔵、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、満島真之介。

「無限の住人」初日舞台挨拶の様子。左から三池崇史、市川海老蔵、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、満島真之介。

沙村広明原作の実写映画「無限の住人」の初日舞台挨拶が、本日4月29日に東京・丸の内ピカデリーで行われた。

舞台挨拶に登場したのは、万次役の木村拓哉、凜役の杉咲花、天津影久役の福士蒼汰、尸良役の市原隼人、乙橘槇絵役の戸田恵梨香、凶戴斗役の満島真之介、閑馬永空役の市川海老蔵三池崇史監督の8名。ステージにキャスト陣が登壇すると、会場内には大きな歓声が響き渡った。

主演の木村は、感慨深げな表情で観客席を見渡し「本日4月29日をもって『無限の住人』は客席の皆さんのものになります。どうか、かわいがってやってください」と挨拶。続く杉咲は「たくさんの方々に見ていただきたいので、今日映画を観てよかったって思ってくださったら、大事な人や友達に教えていただければ」と語った。

映画のキャンペーンに参加するのが初となる海老蔵。木村との撮影時のエピソードを聞かれると、木村のアイデアによって万次を追い込むシーンで殺陣が増えたことを明かした。さらに「(木村)先輩から『これ温かいから』と缶コーヒーを渡されたことがあって。実際そこまで温かくなかったんですけど『温かいです』と言いました」と、ニヤリとしながら裏話も暴露。それを聞いた木村は「さっき裏で話してたまんま話すなよ!」と楽しそうに笑った。

また映画の公式Twitterで募集した質問から「不死身だと思うのは誰ですか?」という問いに、木村は「海老蔵!」と即答。「常識を備えつつ、これだけ自由な人はいない」と語ると、海老蔵は「ありがとうございます」と苦笑いする。一方、杉咲は木村をあげ、「寒いときもコートを着ないし、撮影が終わって疲れているはずなのに、京都から東京への移動中も眠らないんです」と木村のストイックな一面を伝えた。

三池監督は「みんなすごい才能の持ち主で、監督としてはそこにいてもらって、演じてもらってそれを撮っている喜びがありました」と、個性的なキャスト陣との撮影を振り返りる。そして「血がたくさん出る時代劇というと抵抗があるかもしれません。でもそれを乗り越えていただければ面白い世界がある。じっくり楽しんでください」と作品をアピールした。

(c)沙村広明/講談社 (c)2017映画「無限の住人」製作委員会

コミックナタリーをフォロー