コミックナタリー

「僕だけがいない街」悟以外の視点で物語の裏側描いた外伝集9巻が発売

962

三部けい「僕だけがいない街」最終9巻が本日2月4日に発売された。

この9巻では「僕だけがいない街」本編の完結後に描かれた外伝シリーズ「僕だけがいない街 Re」を収録。雛月加代、小林賢也、母・藤沼佐知子、片桐愛梨という、主人公・藤沼悟を近くで見守ってきた4名のエピソードが掘り下げられている。

「僕だけがいない街」は、時間が巻き戻る不思議な現象“再上映(リバイバル)”に悩まされる青年・悟が時空移動を繰り返し、とある事件の真相に迫っていくサスペンス作品。テレビアニメ、実写映画、小説版も展開されていた。

なおコミックナタリーでは9巻の発売を記念した特集記事を展開中。作者・三部が各キャラクターへの思い入れを語ったメールインタビュー、試し読み、「僕だけがいない街」内で起きた事件の年表などを掲載している。

※特集記事へはこちらから!
「僕だけがいない街」“完全”完結記念、三部けいメールインタビュー (1/4) - コミックナタリー Power Push

コミックナタリーをフォロー