コミックナタリー

メディア芸術祭企画展が明日から開催、20年の"変化”象徴するマンガ集結

285

「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」マンガライブラリーの様子。

「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」マンガライブラリーの様子。

文化庁メディア芸術祭の20周年を記念した展示会「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」が、明日10月15日から11月6日まで東京・アーツ千代田3331ほかにて開催。本日10月14日には内覧会が行われた。

1997年の開催以降、マンガ、アート、エンターテインメント、アニメーションの4部門において優れた芸術作品を表彰し、受賞作品の鑑賞機会を提供してきた「文化庁メディア芸術祭」。企画展では「変化」をキーワードに、審査委員を務めたことのある4人の監修者が選んだ過去の受賞作品などが並ぶ。

マンガ評論家兼、東京工芸大学教授の伊藤剛が監修を務めたマンガ部門では、メディア芸術祭が行われた20年の変化を象徴する作品を展示。「『戦後マンガ史』以後のマンガ史へ」をコンセプトに、荒木飛呂彦「ジョジョリオン」、しりあがり寿「あの日からのマンガ」、山上たつひこ原作によるいがらしみきお「羊の木」、ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」、志村貴子「淡島百景」、相田裕「GUNSLINGER GIRL」、よしながふみ「大奥」、田亀源五郎「弟の夫」が展開される。

地下には、マンガ部門の歴代受賞作品全451冊を収めたマンガライブラリーも。来場者は本を実際に手に取り、閲覧することができる。

また10月22日には犬木加奈子武富健治が参加するシンポジウムを開催。そのほか期間中には関連イベントやサテライト会場での企画展示、秋葉原一体での催しも行われる。詳細は同展の公式サイトにて確認を。

「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」

期間:2016年10月15日(土)~11月6日(日)
会場:アーツ千代田3331
サテライト会場:NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)、UDX THEATER、国立新美術館ほか
料金:無料 ※一部イベントは有料

マンガ史の遠景と近景

日時:2016年10月22日(土)14:00~17:00
会場:千代田区立日比谷図書文化館B1F コンベンションホール
定員:200名
出演:犬木加奈子武富健治、清水勲(マンガ・諷刺画研究家)、佐々木果(マンガ編集者/マンガ・アニメ評論家・研究者)

コミックナタリーをフォロー