コミックナタリー

舞台「ハーロック」会見、松本零士「皆さん一緒に宇宙を旅しましょう」

944

舞台「キャプテンハーロック~次元航海~」会見の様子。

舞台「キャプテンハーロック~次元航海~」会見の様子。

松本零士・嶋星光壱原作による舞台「キャプテンハーロック~次元航海~」の記者会見が本日5月31日に東京・新宿村スタジオで行われ、ハーロック役の林野健志をはじめとする主要キャストが登場した。

会見には林野のほか、台羽正役の鈴木勤、波野静香役の伊藤えみ、ミーメ役の柴小聖、 有紀螢役の山本夢、ダイバーゼロ役のヒロム、ヤッタラン役の山田崇夫、キリタ・イソラ役の霜月紫、魔地機関長役とアクションコーディネーターを兼任する岩尾隆明、脚本と演出を手がける原田光規、原作の松本が出席。

原田は「『キャプテンハーロック』という偉大な作品の初舞台化を担当させていただけたのはとても誇らしく思っています。本作はキャストとスタッフを合わせると40人を超えるので、アルカディア号に乗っているキャプテンハーロックと40人の仲間のように一丸となって本作を作り上げております。芝居はもちろん、衣装、CG、歌、ダンス、演出と見どころ満載です」と語った。

続いて松本が「自分の作品をこうして舞台化していただけるのは、本当にうれしいことなんですよ。描き始めた頃は夢にも思わなかった出来事で、今でも夢かと思っております。自分は夢の大航海に出たんだと。自分の夢の世界を一緒に飛んでるんだという気持ちなんです。皆さん、一緒に宇宙を旅しましょう。どうかよろしくお願いします」とキャスト、スタッフに対して感謝を示し、深々と一礼。また「これは舞台化の第1弾。まだ予定がありますから、それも楽しみにしております」と今後の展開に期待を持たせる。

単行本は初期のものから、連載中の「次元航海」まで読破しているという林野。役作りについて聞かれると、「今までハーロックの声を担当された方が何人もいる中で、先生(松本)がお好きなのは井上真樹夫さんだとお聞きしたので、その声を若干意識しました」と明かす。

そんな林野を見つめながら、松本は「うらやましいぐらい、いい体格ですよね。これこそハーロックです。私は終戦直後で食糧難の時代に育ったので。海に潜って魚を獲って家族に食べさせてたんです」と、目を細めて思い出話を語っていた。

「キャプテンハーロック~次元航海~」は松本の「宇宙海賊キャプテンハーロック」をベースとしつつ、ほかの松本作品の設定も取り込んで再構築した作品で、月刊チャンピオンRED(秋田書店)にて連載中。舞台は会見に出席したキャストのほか、元・宝塚の扇けいが出演。東京・新宿村LIVEにて6月8日から12日まで全9公演を行う。

「キャプテンハーロック~次元航海~」

日程:2016年6月8日(水)~6月12日(日)全9公演
会場:新宿村LIVE
原作:「キャプテンハーロック~次元航海~」(秋田書店)
企画:株式会社ビッグファイタープロジェクト
企画協力:ZERO GOODS UNIVERSE
脚本・演出:原田光規
脚本協力:安斉勝則
制作:貞方祥(SHOWMAN'S)
プロデューサー:越康広(株式会社ビッグファイタープロジェクト)

キャスト

ハーロック:林野健志
台場正:鈴木勤
波野静香:伊藤えみ
ダイバーゼロ:ヒロム
キリタ・イソラ:霜月紫

柴小聖、藤本かえで、校條拳太朗
山本夢、山田崇夫、松田好太郎、西泰平
水元まこと、菅井義久、岩尾隆明、☆★朋★☆
後藤紗亜弥、羽渚さやか、西條瑠美、亀井理那
音河亜里奈、本山由乃(劇団ロオル)、堀籠沙耶
久織じゅん、未依、藤井桂枝、山田英真
西脇大河、サトシ、伊藤直樹(幻想~Un Rave)
ファイヤー(幻想~Un Rave) 、長谷川和輝、矢那居秀樹
五十嵐妃奈乃、希美、松樹侑奈
杉浦タカオ(声)、久保亜沙香(声)

女王ラフレシア:扇けい

(c)松本零士・東映アニメーション (c)嶋星光壱・秋田書店

コミックナタリーをフォロー