コミックナタリー

「タイガーマスク」その後を描いた新作テレビアニメが製作決定

911

梶原一騎原作による辻なおき「タイガーマスク」の新作テレビアニメが製作されることが明らかになった。

これは東映アニメーションの60周年企画で、1969年に放送されたアニメ「タイガーマスク」のその後の世界を描くもの。かつてタイガーマスクだった男・伊達直人が残した特訓施設と虎のマスクを引き継いだ新たなタイガーマスクと、プロレス界の裏組織「虎の穴」に入って競争を勝ち抜き、黒い虎の覆面を手にしたタイガーザダーク、2人のタイガーの物語だ。

アニメーションはセル画のタッチを残しつつ、3DCGとも融合させたものになるという。また新日本プロレスともコラボし、実在のプロレスラーがアニメに登場する点にも注目したい。

詳細は後日発表予定で、3月26日、27日に東京ビッグサイトで行われる「AnimeJapan 2016」の東映アニメーションブースではポスタービジュアルの第1弾が解禁。また同ブースでは先着先着500名に限定ポストカードが配布される。

(c)梶原一騎・辻なおき/講談社 (c)東映アニメーション

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞