コミックナタリー

「ディアスポリス」特報映像を撮影したのは主演の松田翔太!メイキング披露

93

「ディアスポリス-異邦警察-」超特報撮影中の松田翔太。(c)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会

「ディアスポリス-異邦警察-」超特報撮影中の松田翔太。(c)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/「ディアスポリス」製作委員会

すぎむらしんいちとリチャード・ウー(長崎尚志)原作による実写版「ディアスポリス-異邦警察-」の特報映像は、主演の松田翔太自身の手で撮影されていたことが明らかになった。本日2月17日にYouTubeでメイキングが公開された。

「ディアスポリス-異邦警察-」ではPerfumeのアートディレクションなどで知られる関和亮が、ポスターデザインやオープニング映像などを担当。特報に関しては松田と話し合いながら構成し、松田本人も周囲から「OK!」の声が掛かってもテイク7まで撮り直しを行ったほど、こだわりを持って撮影に臨んだという。メイキング映像では関と松田のやり取りを垣間見ることができる。

ドラマ化と映画化が決定している「ディアスポリス-異邦警察-」は、2006年から2009年までモーニング(講談社)で連載され、第14回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門審査委員会推薦作品にも選出された作品。東京にある密入国者だけの秘密の自治社会を舞台に、弱き者を助ける“裏警察官”久保塚早紀の活躍を描く。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞