コミックナタリー

水沢悦子による「アイアムアヒーロー」スピンアウトがWebで、“幻の原稿”も

192

水沢悦子による短編「わたしがZQNになっても。」が、Webマンガサイト・やわらかスピリッツにて公開された。

これは花沢健吾原作による実写映画「アイアムアヒーロー」が、4月23日に公開されることを記念して描かれた作品。週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)では、本日2月15日発売の同誌12号より公式アンソロジー企画「アイアムアヒーロー 公式アンソロジー 8 TALES OF THE ZQN」が始動し、「わたしがZQNになっても。」はこちらにも掲載されている。同作では“ZQN”が蔓延る世界で、池袋のとあるラブホテルにて愛を育むカップルの姿が描かれた。また企画の始動を記念し、やわらかスピリッツでは水沢により過去に描かれた“幻の原稿”「ピロートーク」も公開。「わたしがZQNになっても。」とあわせて読んでみては。

週刊ビッグコミックスピリッツにて実施されている「アイアムアヒーロー 公式アンソロジー 8 TALES OF THE ZQN」は花沢が監修を務め、水沢悦子、伊藤潤二、石黒正数、乃木坂太郎、オジロマコト、横槍メンゴ、鳥飼茜、吉本浩二といった8名の作家が登場。8号連続で展開され、2月22日発売の同誌13号には伊藤潤二による作品が掲載される。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】