コミックナタリー

手塚治虫の「ワンサくん」がミュージカルに、野良犬と仲間たちの交流描く

423

手塚治虫「ワンサくん」を原作としたミュージカルが、8月に東京・シアタートラムで上演されることが決定した。

「ワンサくん」は1971年から1972年までてづかマガジン レオ(虫プロ商事)に連載された、母犬をさがす野良犬・ワンサと仲間たちの交流を描く作品。1973年にはミュージカル要素を取り入れたTVアニメ版が放映された。

舞台版の演出はダンスカンパニー・コンドルズの小林顕作、脚本は映画「桐島、部活やめるってよ」などで知られる喜安浩平が担当。また主人公のワンサや、仲間の犬たちを演じる役者は1月22日より応募受け付けを開始するオーディションによって決定される。オーディションの対象は小学生から中学1年生までの男女。詳細はオーディション情報サイト「Deview/デビュー」およびネルケプランニングの公式サイトで発表される予定。

せたがやこどもプロジェクト2016 キッズ・ミュージカル「ワンサくん」

日程:2016年8月
会場:シアタートラム
原作:手塚治虫「ワンサくん」
演出:小林顕作
脚本:喜安浩平
提携:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区 世田谷区教育委員会
企画協力:手塚プロダクション
主催・製作:ネルケプランニング

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞