コミックナタリー

「聖闘士星矢30周年展」で等身大の黄金聖闘士12人が集結

3253

6月に東京・秋葉原UDXで開催される「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」において、黄金聖闘士(ゴールドセイント)12人の等身大立像が展示されることが決定した。

黄金聖闘士は、作品中で十二宮を守護する最高位の聖闘士。等身大立像はこれまで双子座(ジェミニ)のサガ、獅子座(レオ)のアイオリア、乙女座(バルゴ)のシャカ、蠍座(スコーピオン)のミロ、射手座(サジタリアス)のアイオロス、水瓶座(アクエリアス)のカミュの6体が制作されていたが、今回の企画展のために、新たに牡羊座(アリエス)のムウ、牡牛座(タウラス)のアルデバラン、蟹座(キャンサー)のデスマスク、天秤座(ライブラ)の童虎、山羊座(カプリコーン)のシュラ、魚座(ピスケス)のアフロディーテが制作される。12人が勢揃いするのはこれが初めて。

「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」は車田プロダクションと東映アニメーションの共催。「聖闘士星矢」のマンガやアニメの原画、フィギュアなど、作品に関するあらゆるアイテムを集めた企画展となり、初お披露目の展示物も予定されている。詳細は決定次第、30周年展の公式サイトなどで随時発表されていく。

聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya

開催時期:2016年6月
会場:秋葉原UDX

コミックナタリーをフォロー