コミックナタリー

父・博満もエール!落合福嗣、「それが声優!」で地上波アニメ初出演

1289

左から高野麻里佳、長久友紀、高橋李依、落合福嗣。

左から高野麻里佳、長久友紀、高橋李依、落合福嗣。

声優のあさのますみ(浅野真澄)と「ハヤテのごとく!」の畑健二郎が原作を務めたTVアニメ「それが声優!」のアフレコ取材会が、本日6月16日に開かれた。

取材会には一ノ瀬双葉役の高橋李依、萌咲いちご役の長久友紀、小花鈴役の高野麻里佳と、原作者のあさのますみ、そしてこれが地上波アニメ初出演となる落合福嗣が出席した。アフレコでは劇中に登場するユニット・イヤホンズがインストアイベントに出演する1シーンを実演。福嗣はイベントのスタッフ、そしてファンの役を熱演した。

専門学校を卒業し、今年の4月から青二プロダクションに所属している福嗣。所属後初となる今回の出演について、「小さい頃から声優になりたいと思っていたので、第一歩が踏めてとにかくうれしい。緊張もするけど楽しい・うれしいという気持ちが強い」と笑みを浮かべながら心境を語る。またプロダクションに合格したことを、学生時代から応援してくれていた父・落合博満に報告した際には「これからはお前もプロなんだから、しっかり責任持ってがんばれよ」とエールを送られたことを明かした。

さらにあさのが福嗣の演技について「すごく堂々としているし、どこに行っても物怖じしない。アニメのキャラクターをやったりナレーションをやったり、いろんな可能性がある声だと思う。きっと活躍してくれるんじゃないかな」と太鼓判を押すと、福嗣が照れた表情を浮かべる一幕も。最後に福嗣は「遠回りはしたけど、やっと声優という職業のスタートラインに立てたと思っている。これからがむしゃらにがんばっていくので、応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

「それが声優!」は新人声優3人から成るユニット・イヤホンズを主役に据え、業界の舞台裏や日常を4コマ形式で描くコメディ。原作マンガは2011年末から同人誌としてコミックマーケットにて頒布されている人気作品だ。7月7日からTOKYO MX1ほかで放送される。

TVアニメ「それが声優!」

TOKYO MX1:2015年7月7日(火)23:00~
MBS:2015年7月7日(火)27:00~
BSフジ:2015年7月9日(木)24:30~

キャスト

一ノ瀬双葉:高橋李依
萌咲いちご:長久友紀
小花鈴:高野麻里佳
ほか

スタッフ

監督:博史池畠
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:佐々木政勝
プロップデザイン:高瀬さやか
美術デザイン:イノセユキエ
美術監督:小野智広
色彩設計:歌川律子
撮影監督:林コージロー
編集:廣瀬清志
音楽:橋本由香利
音響監督:本山哲
アニメーション制作:GONZO
音楽制作:EVIL LINE RECORDS

コミックナタリーをフォロー