コミックナタリー

アニメ「進撃の巨人」の販促効果を徹底調査

127

発売中のトッププロモーションズ販促会議12月号(宣伝会議)にて、諫山創原作によるアニメ「進撃の巨人」の販促効果を調査した特集が34ページにわたり組まれている。

ローソンやロッテリア、日本中央競馬会など、さまざまな企業とのコラボを展開してきた「進撃の巨人」。特集ではプロモーション起用の裏側を徹底解剖している。またNTTコミュニケーションズ、白十字、ピザハットによる「キャンペーン仕掛け人の目のつけどころは?」と題した座談会や、「進撃の巨人」グッズを一挙公開するページも。「進撃の巨人」「ONE PIECE」「エヴァ」、3作のキャラクターパワーの違いを検証する企画も設けられた。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】