コミックナタリー

「日常」が長編小説に、あらゐのイラスト50点超を収録

611

あらゐけいいち「日常」を伊豆平成が小説化した「日常の夏休み」が、角川書店・角川グループの児童書レーベル、角川つばさ文庫から2月15日に発売される。

「日常の夏休み」は「遠くへ行きたい」という何気ない一言から、はかせによってとある惑星へ飛ばされてしまったゆっこたち3人の騒動を描くオリジナル長編。口にしたことがすべて現実になる惑星で遊び呆ける3人だったが、その一方で彼女たちの住む時定市には危険が迫っており……。

イラストはあらゐが担当。50点以上の描き下ろしが収録されている。

※記事初出時、本文に誤字がありました。お詫びして訂正致します。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞