コミックナタリー

ドラマ「GTO」台湾で新シリーズ「GTO TAIWAN」始動

150

藤沢とおる原作のドラマ「GTO」の新シリーズ「GTO TAIWAN」が、3月22日より、台湾のGTV総合チャンネルにて全4回で放送される。日本での公開日時や媒体は今後、公式サイトにて発表予定。

「GTO TAIWAN」は、鬼塚英吉役のAKIRA、弾間龍二役の城田優、冴島俊行役の山本裕典といったメインキャスト3名以外は、すべて台湾の俳優を起用。ヒロインの女性教師役は、台湾で数多くのドラマや映画に出演している若手女優のジニー・チュオが演じる。

撮影はオール台湾ロケ。台湾の高校から1週間の研修プログラムとして招聘された鬼塚が、権力者が全てを仕切る台北の高校で授業を行う様が描かれる。

「GTO TAIWAN」

監督:今井和久(「GTO」シリーズ)
脚本:山岡潤平
原作:藤沢とおる 「GTO」「GTO SHONAN 14DAYS」(講談社刊)
制作:関西テレビ・MMJ・ Comic International Productions
放送局(台湾):GALA TELEVISION CORPORATION
出演者:AKIRA、城田優、山本裕典、ジニー・チュオ、ホンジャン(SPEXIAL)、ルゥルゥ・チェン、ウェイジン(SPEXIAL)、ハンほか

AKIRAコメント

台湾、アジア全土でも愛されている藤沢とおる先生の作品であり、僕たちも想いを込めてやらせていただいている作品が、海外でも撮影できるということで、とても嬉しいです。台湾のスタッフやキャストは、年令やキャリアに関係なく、皆さん作品に対してストイックで、自分の思いを明確にもっていて、パワーを感じます。しかしコミュニケーションをとると台湾の方々の優しさや心温かさが伝わり、とてもいい雰囲気で撮影が進んでいます。日本と台湾の合作ということで日本人の魂を持ちながらも、台湾の方々の素晴らしさや台湾文化の良さをGTOというフィルターを通して伝えていけたらと思います。

城田優コメント

これまで連続ドラマと3本のスペシャルがあり、役をやっていた時間も長かったのですが、またGTOが撮れることが嬉しいです。しかも今度は国を飛び越えて台湾という地で撮影し、さらに台湾で放送されるというインターナショナルな仕事ができてとても嬉しいです。GTOの世界感や、最後にスカッとするいつも通りの展開はありながらも、日本を飛び出してスケールアップしたところをぜひ見てほしいです。

山本裕典コメント

一度はお別れしたGTOチームが再び集まることができたことが嬉しいです。ここ台湾でも、これまで培われてきたチームワークの良さは健在です。1つ心配があるとしたら、果たして台湾で自分の役が受け入れられるのか?ということです。

コミックナタリーをフォロー