コミックナタリー

「進撃の巨人」リヴァイ外伝が本格始動、ARIAは部数5倍増

320

本日11月28日に発売されたARIA2014年1月号(講談社)にて、諫山創「進撃の巨人」のスピンオフ「進撃の巨人 悔いなき選択」の本格連載がスタートした。

「進撃の巨人 悔いなき選択」は、リヴァイとエルヴィンの出会いを駿河ヒカルが描くスピンオフ。プロローグを掲載したARIA11月号は完売、プロローグを再掲載した12月号は完売後に重版が決定し、今号の部数は従来の5倍増となった。連載開始を記念し、今号には「進撃の巨人 悔いなき選択」のクリアファイルが付いている。

また今号では、あさのあつこ原作による木乃ひのき「NO.6」が最終回を迎えた。ARIA1月号と12月6日発売の単行本8巻の帯に付く応募券を集めて郵送すると、木乃直筆イラスト入りサイン色紙などが当たるフェアも開催される予定だ。同じくnaked ape「Magnolia」も完結。最終7巻は1月7日に発売される。

次号ARIA2月号は12月28日発売。山中ヒコによる新連載「死にたがりと雲雀」と、香月日輪「全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班」をわたなべあじあが描くコミカライズ連載が、一挙スタートする。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞