コミックナタリー

リアル「美味しんぼ」が実現!朝日新聞と読売新聞が激突

1332

雁屋哲原作、花咲アキラ作画「美味しんぼ」に登場する「究極と至高」のメニュー対決が、11月から朝日新聞と読売新聞の間で実際に行われることが決定した。

同作が連載開始から30周年を迎えることを記念して行われる、この「リアル美味しんぼ」。対決は岩手県、長野県、福岡県の料理をそれぞれテーマに、3本勝負によって行われる。勝敗は有識者による投票と、各地で行われる一般投票の結果により決定される予定だ。

勝負のテーマとなる3県では今後、一般投票会を兼ねた食べ比べイベントが実施される。詳細は公式サイト上で発表されていくので、参加を希望するファンはこまめにチェックしよう。

「美味しんぼ」は1983年10月より、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載されているグルメマンガ。主人公の山岡士郎らによる「究極のメニュー」と、士郎の父親である芸術家・海原雄山による「至高のメニュー」の対決は人気を博し、長寿シリーズとなった。本日10月12日発売のスピリッツ46号では、巻頭カラーで連載を再開している。

朝日新聞チーム代表・一色清氏コメント

食とは心と心をつなぐもの。自分が素直に一番美味しいと思うメニューを発表したい。料理そのものの味だけではなく、メニューの背景にある物語、メッセージを味わっていただきたい。

読売新聞チーム代表・永峰好美氏コメント

相手の手の内を考えるより、自分が最高だと思うものを提案したい。食べた後、ほっこりあったかい気持ちになって、誰かに感想を伝えたくなるようなメニューができれば嬉しい。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞