きゃりー全国ツアーラストで号泣、武道館に向け決意新たに

476

昨日7月2日、きゃりーぱみゅぱみゅが全国ツアー「ぱみゅぱみゅレボリューションツアー」の最終公演を東京・SHIBUYA-AXにて実施した。

天使の羽根を付けながらパフォーマンスするきゃりーぱみゅぱみゅ。(photo by hajime kamiiisaka)

天使の羽根を付けながらパフォーマンスするきゃりーぱみゅぱみゅ。(photo by hajime kamiiisaka)

大きなサイズで見る(全21件)

ピンク、黄、緑の蛍光カラーがまぶしい本編ラストの衣装。(photo by hajime kamiiisaka)

ピンク、黄、緑の蛍光カラーがまぶしい本編ラストの衣装。(photo by hajime kamiiisaka)

大きなサイズで見る(全21件)

ステージにはブルーとピンクのうさぎのオブジェが2つとカラフルなおもちゃ箱、センターに大きなシルクハットの階段が設置された。(photo by hajime kamiiisaka)

ステージにはブルーとピンクのうさぎのオブジェが2つとカラフルなおもちゃ箱、センターに大きなシルクハットの階段が設置された。(photo by hajime kamiiisaka)

大きなサイズで見る(全21件)

1stフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」を携え全国8カ所を回ってきたこのツアーのコンセプトは、“ぱみゅぱみゅランド”と題した遊園地のような空間。ライブ冒頭はイントロ「ぱみゅぱみゅレボリューション」から「CANDY CANDY」「おねだり44℃」と、大盛り上がりのまま3曲がパフォーマンスされた。きゃりーは「こんにちは、きゃりーぱみゅぱみゅです! 平日なのにこんなにたくさん集まってくれてありがとう! 今日はたくさん歌おうと思います!」と挨拶。さらにパンダのぬいぐるみをおなかに付けた衣装について、これが「ぱみゅぱみゅランドの団長」をイメージしたもので「パンダのバックルは時限爆弾」であることを説明した。

序盤の5曲を終えると、中田ヤスタカ(capsule)制作のフロアライクなトラックに乗せて、計8名のダンサーがアグレッシブなダンスパフォーマンスを繰り広げる転換タイムへ。続いて「きゃりーのマーチ」のイントロをバックに、きゃりーはパステルなレインボーカラーを配したフリルたっぷりのボリュームスカートと、背中に大きな羽根のある“天使系”ファッションで再登場した。

MCでは最近の出来事として、先日出演した「ミュージックステーション」にて自身の衣装が大きすぎたため共演者の関ジャニ∞の姿を隠してしまったこと、後日それがマスコミに取り上げられびっくりしたことなどを告白。しかしきゃりーは「でもやっぱり大きければ大きいほどかわいいし、今回も衣装はド派手なものにしたくて、スタイリストさんに頼んで羽根を付けてもらいました。みんなに妖精の粉がかかるように」とファッションへのこだわりを語った。

また、別のMCコーナーでは、近日「JAPAN EXPO 2012」出演のためももいろクローバーZらとフランスへ行くことに触れ、「うちのお父さんね、ライブとかにあんまり来ないんですけど、『今日ももクロちゃんも出るよ』って言うとすぐ来る! きゃりーぱみゅぱみゅの父、モノノフでございます!」と話して、場内を笑わせる。

一方、楽曲については、「スキすぎてキレそう」の歌唱前に「実は『PONPONPON』より前にできていた曲です。ヤスタカさんがプロデュースしてくださることになって、私の声質とかがわからないので『とりあえず作ったから歌ってみて』って言われて歌って、そのままお蔵入りしてたんですね」「ストーカー気質の恋する女の子の歌です」と説明。このほか中盤では、デビュー盤「もしもし原宿」に収められているcapsule「jelly」のカバーや、まだ音源化されていないcapsule「RGB」のカバー、きゃりーの聖地・原宿のキーワードを多数散りばめたナンバー「ギリギリセーフ」などをパフォーマンスした。その後ワルツのようなテンポの「おやすみ」で、ぱみゅぱみゅランドは一旦“閉園”。きゃりーはゆっくりとステップを踏みながらステージ袖に消え、場内には鐘の音が鳴り響いた。

そしてライブは本編最後のパートに突入。きゃりーは蛍光色尽くしのポップなドレスに早着替えして、「でもでもまだまだ」「PONPONPON」「きゃりーANAN」といったキラーチューンを連投。ライブ本編はそのまま、アルバムのラストナンバーでもある「ちゃんちゃかちゃんちゃん」で締めくくられた。

観客のアンコールに応えて再登場したきゃりーは、「今日の公演を振り返らせていただきます」と話し始めた途端に号泣。彼女は手で涙を拭いながら「デビューしてまだ1年も経ってなくて、お客さん来てくれるのかなとか、私のこと知ってるのかなとか、不安なことがたくさんありました。でもきゃりーダンサーのみんな、スタッフさん、capsuleの中田さん、増田セバスチャンさん、そしてファンの皆さんがいてくれて無事にツアーラストを迎えることができました」と話し続ける。そして「オリコンデイリー1位が獲れて、武道館公演も決まりました。本当に皆さんのおかげです! ありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします!」と、応援し続けてくれたファンや家族への感謝の気持ちを改めて伝えた。

会場が大きな感動に包まれた中で、アンコールの最後に披露されたのは「つけまつける」。きゃりーは曲中「みんな本当に今日はありがとう! 大成功だったよー!」と叫んでステージを去った。

きゃりーぱみゅぱみゅの日本武道館ワンマンライブは11月6日に開催。これに先駆けて、彼女のバックで踊るキッズダンサーのオーディションが行われることも決定した。きゃりーとともに武道館のステージに立ちたい8歳から14歳までのキッズダンサーは、ぜひ応募してみよう。詳細はオフィシャルサイトまで。

きゃりーぱみゅぱみゅ「ぱみゅぱみゅレボリューションツアー」
2012年7月2日@SHIBUYA-AX セットリスト

01. ぱみゅぱみゅレボリューション
02. CANDY CANDY
03. おねだり44℃
04. ちょうどいいの
05. Drinker
06. きゃりーのマーチ
07. みんなのうた
08. スキすぎてキレそう
09. jelly
10. ギリギリセーフ
11. RGB
12. おやすみ
13. でもでもまだまだ
14. PONPONPON
15. きゃりーANAN
16. ちゃんちゃかちゃんちゃん
<アンコール>
17. つけまつける

この記事の画像(全21件)

きゃりーぱみゅぱみゅのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 きゃりーぱみゅぱみゅ / CAPSULE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。