自由奔放なビル・マーレイが“記者の極意”説く、「フレンチ・ディスパッチ」特別映像

167

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」より、ビル・マーレイをフィーチャーした特別映像がYouTubeで公開された。

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」より、ビル・マーレイ演じるアーサー・ハウイッツァー・Jr(左)。

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」より、ビル・マーレイ演じるアーサー・ハウイッツァー・Jr(左)。

大きなサイズで見る(全41件)

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」[拡大]

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」[拡大]

ウェス・アンダーソンが雑誌ザ・ニューヨーカーにリスペクトを捧げて作り上げた本作。20世紀フランスの架空都市で、国際政治からアート、ファッション、美食に至るまで唯一無二の記事で人気を博す雑誌フレンチ・ディスパッチの記者たちが、急死した編集長の追悼号のために、ある4本の記事にまつわる物語を振り返っていく。

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」[拡大]

マーレイが演じたのはフレンチ・ディスパッチ誌の編集長アーサー・ハウイッツァー・Jr。特別映像では、ザ・ニューヨーカーが発刊されて間もない頃から活躍していた実在の編集者ウォルコット・ギブスが執筆したという「ニューヨーカー誌 記事編集の理論と実践」をマーレイが紹介する。

「ライターは常に副詞を乱用する」「ライターは決まり文句の宝庫」など、キリッとした表情でルール1から資料を読み上げていくマーレイ。興が乗るにつれ、葉巻を吸い始め、赤ワインまで用意し、ルール31に到達する頃には言葉もたどたどしくなる始末だ。しまいにはクッションを用意して入眠。最後まで自由奔放なマーレイの姿が収められている。

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」は1月28日より全国ロードショー。ベニチオ・デル・トロ、 エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメらもキャストに名を連ねる。

この記事の画像・動画(全41件)

(c)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

関連記事

ビル・マーレイのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 / ビル・マーレイ / ウェス・アンダーソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。