韓国俳優マ・ドンソクがLDH JAPANとエージェント契約、グローバル市場で本格活動へ

8390

韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」「犯罪都市」やマーベル・スタジオ作品「エターナルズ」で知られる俳優マ・ドンソクとLDH JAPANがエージェント契約を結んだ。

LDH JAPANロゴ

LDH JAPANロゴ[拡大]

HIANロゴ

HIANロゴ[拡大]

EXILEや三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが所属することで知られるLDH JAPAN。同社が韓国のTGCKパートナーズと設立した日韓エンタテインメント共同事業会社・HIANとともに、マ・ドンソクの日本での活動を全面的にバックアップする。マ・ドンソクは今回のLDHとの契約により、韓国のマネージメント会社Big Punch Entertainment、米エージェンシーBncとともにグローバル市場で本格的に活動する計画だ。

マ・ドンソク

マ・ドンソク[拡大]

なおマ・ドンソクはHIANが配給する2022年公開予定の映画「犯罪都市2」の主演を務めるほか、映画「犯罪都市」日本版のプロデューサーも担当。「悪人伝」のハリウッドリメイク版においてもシルヴェスター・スタローンとの共同製作および主演を担うことが決定しているなど、俳優のみならずプロデューサーとしてもグローバルに手腕を発揮している。

この記事の画像(全5件)

関連記事

マ・ドンソクのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 マ・ドンソク の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。