LDH×サイバーエージェントが動画配信サービス始動

1045

LDHとサイバーエージェントが設立した合弁会社「CyberLDH」が、定額制動画配信サービス「CL」をスタートさせる。

EXILE HIRO

EXILE HIRO

大きなサイズで見る(全14件)

CL ロゴ

CL ロゴ[拡大]

同サービスではLDH所属アーティストによるライブやコンサートの生配信のほか、LDH所属メンバーが企画から携わる「CL」独自のオリジナル番組を配信。さらに過去のライブ映像作品や映画作品、未発表の映像作品、DVD特典映像、ダンス映像、レギュラー番組なども観ることができる。

また、LDH所属メンバーが日常を生配信しながらユーザーと双方向のコミュニケーションを取るライブキャスト配信機能も。加えて番組観覧やユーザーによる投票、オンラインでのライブ打ち上げやトークイベントへの参加、生放送中のコメントやライブチャットなどができるユーザー参加型の機能も備えられている。今後も順次新機能が導入されていく予定だ。

「CL」では本日6月15日正午から7月31日までをプレオープン期間とし、ライブキャスト配信の視聴が可能に。8月1日にそのほかサービスも開始する。月額料金は税込1100円。オンデマンド視聴やライブキャスト配信機能など一部無料で楽しめるものがあり、ファンクラブ会員限定コンテンツも用意されている。また本日正午にオープンする特設サイトでは、「CL」の事前登録受付が行われる。

「CL」のスタートにともない、LDHが独自展開していた動画配信サービス「LDH TV」と「LDH TERMINAL」のサービスは7月末をもって終了する。なお今回の発表では有料配信ライブ「LIVE×ONLINE」第1弾が7月より開催されることも明らかに。政府から発表されているガイドラインに沿った感染拡大防止対策のもと、「ソーシャルディスタンスライブ」を8月以降に開催することも計画されている。

この記事の画像(全14件)

藤田晋(サイバーエージェント 代表取締役社長)コメント

このたび、LDH JAPANとサイバーエージェントはともに、新時代のエンターテインメントサービスを提供するCyberLDHを始動します。テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」では、これまで「LDH PERFECT YEAR 2020」とのコラボレーション企画をはじめ多くのLDHグループ所属アーティストが出演する番組を放送し、そのたびに大きな反響を得ておりました。

今回、新会社設立にあたってLDH JAPANとサイバーエージェントで共同で開発してきた新サービス「CL」では、クオリティーに対し一切の妥協を許さないLDHグループのステージをそのままにオンラインでお楽しみいただけるよう、技術開発、デザイン、UI,UXの設計等には一切の妥協なく、最高水準の品質のプロダクトを生み出すことを目的として作り上げてきたつもりです。

そして今、皆様にこれまでにない新しいデジタル時代ならではのエンターテイメント体験が提供できる体制が整って参りました。LDH JAPANのエンターテイメントとサイバーエージェントの技術力が力を合わせた新会社に、ぜひご期待ください。

EXILE HIRO(LDH JAPAN チーフ・クリエイティブ・オフィサー)コメント

これまでLDHのエンタテインメントはライブを中心としたリアルなものでしたが、次世代へ向けてデジタル、バーチャルでエンタテインメント領域を広げていこうと1年以上前から様々な可能性へ取り組んできました。

今回発表したサイバーエージェントさんとの「CyberLDH」はその第一歩となる新たな動画配信サービス「CL」としてスタートします。「CL」はサイバーエージェントさんのテクノロジーにより、LDHの自社メディアがパワーアップし、これまで以上にファンの皆さんと直接繋がることができ、喜んでいただけるものになると思っています。

コロナ禍でLDH PERFECT YEAR 2020で計画していたライブ全168公演を中止にせざるを得ない状況になり、ファンの皆さんには本当に申し訳ない気持ちでしたが、「LIVE×ONLINE」というコンセプトで新たなライブ体験をお届けすることができ、僕らもとても楽しみにしています。

そして、この「LIVE×ONLINE」を中心にCLでも様々なエンタテインメントを発信し、LDHのエンタテインメントとしてスタンダードとなるようにメンバー、スタッフ一丸となりファンの皆さんに精一杯のパフォーマンスをお届けしたいと思います。

さらに政府の方針に基づき、各地方自治体としっかりと連携し安全な体制を万全に整えて実施可能な地域からソーシャルディスタンスライブの開催を準備していきたいと考えています。

これからも「日本を元気に」をテーマに、日本のエンタテインメント業界が復活出来るよう、LDH一同最善を尽くして活動していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

関連記事

EXILEのほかの記事

リンク

関連商品