ジャレッド・レト、6時間の特殊メイクで別人に!「ハウス・オブ・グッチ」新場面写真

2

192

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 44 143
  • 5 シェア

ハウス・オブ・グッチ」でグッチ家の1人、パオロ・グッチを演じたジャレッド・レトの場面写真3点が到着した。

「ハウス・オブ・グッチ」より、ジャレッド・レト演じるパオロ・グッチ。

「ハウス・オブ・グッチ」より、ジャレッド・レト演じるパオロ・グッチ。

大きなサイズで見る(全12件)

「ハウス・オブ・グッチ」本ポスタービジュアル

「ハウス・オブ・グッチ」本ポスタービジュアル[拡大]

「最後の決闘裁判」のリドリー・スコットが監督を務めた本作は、ファッションブランド・GUCCIを創業したグッチ一族を題材としたサスペンス。1995年に起きた、3代目社長マウリツィオ・グッチ暗殺事件を通して一族の光と影が描かれる。

「ハウス・オブ・グッチ」より、ジャレッド・レト演じるパオロ・グッチ。

「ハウス・オブ・グッチ」より、ジャレッド・レト演じるパオロ・グッチ。[拡大]

「ハウス・オブ・グッチ」

「ハウス・オブ・グッチ」[拡大]

自らスコットにアプローチをかけパオロ役を射止めたレトは、役作りに6時間を超える特殊メイクを提案し、小太りで頭髪の薄い姿を披露している。その変貌ぶりは、メイクを施したレトが初めて現場入りした際に、共演者たちから侵入者かと疑われたほど。パオロの父親アルド・グッチを演じたアル・パチーノは「変なやつが僕のところにやって来て、『パパ』って言ってきた。僕はきっと部外者だと思って、少し戸惑いながら周りを見回した。すると誰かが、『ジャレッドだよ』と教えてくれたんだ。まったくの別人だった」と当時の驚きを振りる。続けて、「過去にも特殊メイクを見たことがあったが、今回のものは天才が成す技なのだろう。すぐに撮影を始めたいと思った。それほど感動したよ」 と称賛した。

「ハウス・オブ・グッチ」新場面写真

「ハウス・オブ・グッチ」新場面写真[拡大]

自身のパオロ役にレトは「役にはすぐになじむことができた。彼は一家の中では厄介者で、いつか自身の作品を世界中の人に見てもらいたいという夢を抱いている苛立ったアーティストだ。間違いなくなりきれると思った」と自信をのぞかせている。さらに「パオロには共感する部分がたくさんあった。ある意味、パオロに胸を張り裂かれたような気分だ。彼は、関わる物や人に対するユーモアや愛にあふれている。しかし、悲劇的な一面も持ち合わせており、その点を掘り下げるのが面白いと思った」と分析した。

レトのほか、レディー・ガガ、アダム・ドライバー、ジェレミー・アイアンズ、サルマ・ハエックが出演した「ハウス・オブ・グッチ」は1月14日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全12件)

(c) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

読者の反応

  • 2

西村壮悟 Sogo Nishimura @sogonishimura

@hori63 https://t.co/QhwJC91LUV
名前出てこなかったのジャレッド・レトだ。

コメントを読む(2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ジャレッド・レトのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ハウス・オブ・グッチ / ジャレッド・レト / リドリー・スコット / アル・パチーノ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。