「ウルトラヘヴン」小池桂一が「アレックス」の世界表現、イラスト描き下ろし

63

「ウルトラヘヴン」「ヘヴンズ ドア」で知られるマンガ家・小池桂一が「アレックス STRAIGHT CUT」のイラストを描き下ろした。

小池桂一による「アレックス STRAIGHT CUT」描き下ろしイラスト

小池桂一による「アレックス STRAIGHT CUT」描き下ろしイラスト

大きなサイズで見る(全13件)

「アレックス STRAIGHT CUT」ポスタービジュアル

「アレックス STRAIGHT CUT」ポスタービジュアル[拡大]

本作はエンディングテロップから始まり時制が逆行していく構成だった「アレックス」を、監督のギャスパー・ノエ自ら順行の物語へと再構築したバージョン。幻覚や夢、悟り、瞑想、薬物によるトリップ状態などを描く小池の作品は、「サイケデリックコミック」「アシッドコミック」とも呼ばれる。意識の超越をテーマにしたものが多く、ノエとの共通点も見出だせるマンガ家だ。映画を気に入った小池はモニカ・ベルッチ演じるアレックスが公園で佇む場面から、ある悲劇的な瞬間までの時間の流れを描き出した。

「アレックス STRAIGHT CUT」は、10月29日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。

※「アレックス STRAIGHT CUT」はR18+指定作品

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

リンク

(c)2020 / STUDIOCANAL - Les Cinémas de la Zone - 120 Films. All rights reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アレックス STRAIGHT CUT / アレックス(2002年) / 小池桂一 / ギャスパー・ノエ / モニカ・ベルッチ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。