オーディションは演技練習と軍事訓練、8人の“MONOS”を結びつけた過酷な選考

47

10月30日に封切られる「MONOS 猿と呼ばれし者たち」より、本編映像の一部がYouTubeで解禁。監督を務めたコロンビアの新鋭アレハンドロ・ランデスがオーディションについて語るコメントも公開された。

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」

大きなサイズで見る(全13件)

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」ポスタービジュアル

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」ポスタービジュアル[拡大]

半世紀以上続いたコロンビア内戦を背景に、世間から隔絶された山岳地帯に暮らす8人の少年少女たちの姿を描いた本作。ゲリラ組織の一員で“猿(モノス)”と呼ばれる彼らの狂気が極限状況下で加速するさまを描く。映像には組織の司令官とおぼしき男“メッセンジャー”が8人のもとを訪れ、訓練を施すシーンが収録された。「組織に尽くせ、組織は家族だ。俺の子供たち、お前らは猿(モノス)だ」と声を掛けながら、少年少女たちを肉体的に追い込んでいてく。撮影は標高4000mを超えるコロンビアのチンガザ国立公園で行われた。

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」[拡大]

8人のモノスのうち「キングス・オブ・サマー」で知られるモイセス・アリアスを除く7名は、演技未経験の若者たち。彼らはコロンビア全土から集められた800人以上の中から選ばれた。オーディションでは、まず30人がアンデス山脈の高地で行われた基礎訓練キャンプに参加。即興や演技の練習のほか、武器の持ち方や隊列の組み方などの軍事訓練も行われた。訓練を指導したのは、武装組織コロンビア革命軍(FARC)を脱退したことで賞金首となった過去を持つ本物の元司令官ウィルソン・サラザール。監督の意向により、サラザールは劇中でメッセンジャーを演じることにもなった。

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」[拡大]

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」[拡大]

ランデスはオーディションの過程を振り返り「この過酷な訓練で生まれた人間関係やグループの力関係を見て、私たちは“モノス”になる8人を選びました。このプリプロダクションが本当にすべてでした。何週間もの間、人里離れた場所で、出演者が非常に近い距離で一緒に生活することで、ユニークでダイナミックな体験を共有することができたと思います。撮影が始まる前から、この体験が彼らを結びつけていたのです」と語っている。

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」は東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

リンク

(c)Stela Cine, Campo, Lemming Film, Pandora, SnowGlobe, Film i Väst, Pando & Mutante Cine

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 MONOS 猿と呼ばれし者たち / アレハンドロ・ランデス / モイセス・アリアス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。