井桁弘恵が「僕ころ」でヒロイン役、高橋文哉&鈴木仁にとって初キスシーンの相手に

高橋文哉鈴木仁がダブル主演を務めるドラマ「僕らが殺した、最愛のキミ」に、井桁弘恵が出演するとわかった。

左から鈴木仁、井桁弘恵、高橋文哉。

左から鈴木仁、井桁弘恵、高橋文哉。

大きなサイズで見る(全4件)

「僕らが殺した、最愛のキミ」ビジュアル

「僕らが殺した、最愛のキミ」ビジュアル[拡大]

TELASAオリジナルドラマ第2弾である本作は、密室を舞台にした“グロきゅんラブストーリー”。それぞれ秘密を抱えた小学生時代のクラスメイト7人が同窓会で再会したところ、会場のビルが完全封鎖されてしまい、血みどろの殺し合いが展開されていく。明るくて人懐っこい小林零役を高橋、冷静かつ達観した尾崎元役を鈴木が務める。

「仮面ライダーゼロワン」の井桁が演じるのは、零の恋人であるヒロイン・吉村梨奈。同窓会で10年ぶりに元と再会し、複雑な思いを抱えていくこととなる。

井桁は本作で、高橋と鈴木、それぞれとのキスシーンを演じた。「4月の君、スピカ。」で鈴木にとって初めてのキスシーンの相手役を務めた井桁。高橋とは「仮面ライダーゼロワン」で共演済みだが、今回彼にとって初のキスシーンの相手を担当することとなった。井桁は「責任感じゃないけど、『イヤな思い出になってほしくないな』と(笑)。初キスシーンでトラウマが残って、今後キスシーンがNGになったら、責任が取れないので!」とコメントし、零と梨奈のキスシーンについて「文哉くん=零の“男”が出ているシーンなので、見逃せないですよ!」と話した。

高野水登が脚本を手がけ、柴田啓佑が演出を担当した「僕らが殺した、最愛のキミ」は、9月17日の20時に第1話と第2話が配信される。以降9月24日に第3話と第4話、10月1日に第5話、10月8日に第6話、10月8日に第6話がリリース。なお第1話は無料配信となる。また本作のPR映像はTELASA(テラサ)公式YouTubeチャンネルで公開中。

この記事の画像(全4件)

高橋文哉 コメント

井桁さんとは、今回再共演したことで役としての距離感が前回よりも縮まり、一緒に長い会話劇も展開する中、井桁さんの芝居力があるからこそ、僕もセリフを発しやすい場面が多々あって! キスシーンも「井桁さんとするのかぁ…。恥ずかしいな」と思っていたんですけど、いざ現場に入ったら「井桁さんでよかったな」と。お互い素直に意見も言えるし、何よりリラックスできました!
キスシーンは初めてだったこともあり、いろいろ考えて臨みました。ほかの作品で見たキスシーンも参考にしながら、今回はわざと力を入れて血管の筋を見せたいな、と。「ここで零が男を出さないと、どこで出すんだ!?」という気持ちで(笑)、工夫しました。どんな画になっているか、僕も楽しみです。

鈴木仁 コメント

井桁さんにキスされた前回の映画と違い、今回は、僕からキスをするシーン。主導権は僕にあったのですが、井桁さんが相手だからこそ相談もできるし、タイミングも自然と図ることができ、やりにくさは一切感じなかったです。
むしろ、梨奈にキスするシーンでは、井桁さんの顔に僕の血を付けなきゃいけなかったので、その点は必死でした。なにせ、メイク直しができないから、本番一発勝負。ちょっとでも動きを間違えて、見せ方という部分で悪くなってしまったら、取り返しがつかなくなる! さらに、見つめる間、2人の感情など、たくさんの要素が盛り込まれたシーンなので、撮影前からすごく考えて臨みました。言葉以外でいろんなことを伝えなければいけないシーンでしたが、井桁さんとも現場で意見交換ができて、とても楽しい撮影でした。

井桁弘恵 コメント

平和主義者の梨奈が密室に閉じ込められたとき、どう変わっていくのか…今回はそこを意識して演じました。撮影は約1カ月、実際にビルの中に丸1日こもっていたので、まさに異空間でした。だからこそ集中できて濃い1カ月だったのですが、時には気持ちが滅入る感覚もリアルに味わったんです。その感覚がお芝居にも出せましたし、共演経験のある文哉くんと仁くんにもすごく助けていただきました。信頼している2人の前だと、集中も相談も自由にできる! すごくいい環境でした。
今回、作品をまたいで文哉くんと仁くんの初キスシーンの相手が自分だったと聞いて、ビックリしました! 責任感じゃないけど、「イヤな思い出になってほしくないな」と(笑)。初キスシーンでトラウマが残って、今後キスシーンがNGになったら、責任が取れないので! でも実際、文哉くんとはリハーサルでちょっと唇が当たったときも笑って「いやいや、今来たよね!」とツッコめるほど、遠慮せずに楽しめました。文哉くん=零の“男”が出ているシーンなので、見逃せないですよ! 仁くんとも、前回は私からだったけど、今回は仁くんからキスをされる形だったので、まったく緊張しませんでした(笑)。
文哉くんと仁くんは今回、深い関係性を匂わせる間柄を演じていますけど、2人とも普通にテストでもバックハグをしていて! 「えっ、何してんの!? 私、一応ヒロインなんだけど、その私がなんで外にいるの!?」って(笑)、謎の嫉妬心を抱きました。ジャレ合ってるのか、マジなのか分からない…というか、なんかマジに見えちゃうんです(笑)。でも、リハーサルのときは、お互いに探り合っている感じというか…まだ距離がある姿を見ていたので、逆にここまで2人が仲良くなってよかったなって思いました!
この作品、女性の皆さんにはぜひ極限状態でのラブを楽しんでいただきたいです。男性にはサバイバルの参考にしていただければ、と(笑)。本当にいろんな楽しみ方のあるドラマですし、見返せば見返すほど感じるものも、得る情報も違ってくると思うので、くまなくチェックしていただきたいです!

全文を表示
(c)テレビ朝日

関連する特集・インタビュー

関連記事

井桁弘恵のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 井桁弘恵 / 高橋文哉 / 鈴木仁 / 柴田啓佑 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。