野島伸司が“今どき女子”の結婚観と葛藤描く、松井愛莉主演ドラマがFODで配信

407

野島伸司が脚本を手がけ、松井愛莉が主演を務めるFODオリジナルドラマ「エロい彼氏が私を魅(まど)わす」が9月18日0時より配信される。

左から仁美役の松井愛莉、まなぶ役の笠松将。

左から仁美役の松井愛莉、まなぶ役の笠松将。

大きなサイズで見る(全5件)

本作は結婚目前の主人公が、工事現場で偶然出会ったニッカポッカ姿の男性に惹かれて葛藤していく姿を描く恋愛ドラマ。「彼氏をローンで買いました」「百合だのかんだの」で野島と組んだ加藤裕将が演出を担当した。

主人公・仁美に松井が扮し、工事現場で働く筋骨隆々の危なっかしいが魅力的なまなぶを笠松将が演じる。誰もがうらやむ仁美の婚約相手の証券マン・圭吾役には結木滉星、仁美の登場により翻弄されるまなぶの恋人・麻衣役には萩原みのり。また仁美の姉・瑠璃役で菅野莉央、母・万里子役で国生さゆりも出演した。

松井は「本当の愛とは何かを模索する中で、私演じる仁美が悩みながらまわりを振り回し、また振り回されながら最終的に幸せになれるのか……ぜひ皆様も楽しみながら見ていただけたら嬉しいです!」と本作をアピール。笠松は「結婚観とか恋愛観をいろんな意味で壊してくれる、笑って泣けるラブコメディーです。エロい彼氏、やらせてもらっています。お手柔らかにお願いします」とコメントしている。

松井愛莉 コメント

松井愛莉 (c)KEIICHI NITTA(ota office)

松井愛莉 (c)KEIICHI NITTA(ota office)[拡大]

出演が決まったときの思い

作品への出演が決まった時、素直にとても嬉しかったです。台本を読んでみて、仁美のピュアさの中にある頑固さを自分の中に落とし込んでいくのに不安がありましたが、監督とたくさん意見交換をしながら、仁美をつくっていきました。

現場の様子や共演者の印象

とても和気あいあいとしていた現場でした! 台詞量が多かったので、空き時間に台詞合わせをしたり、長台詞のシーンではOKがかかるごとにハイタッチをしたりして、協力しながらいい雰囲気の中撮影していました。皆さんとてもいい方で、安心して現場に臨めました!

視聴者に一言

本当の愛とは何かを模索する中で、私演じる仁美が悩みながらまわりを振り回し、また振り回されながら最終的に幸せになれるのか……ぜひ皆様も楽しみながら見ていただけたら嬉しいです!

笠松将 コメント

笠松将

笠松将[拡大]

アラサーにして、初のラブコメに挑戦しました。オファーを頂いた時は驚きもありましたが、スタッフやキャストの皆さんが仲の良い現場だったこともあり、楽しく演じることができました。結婚観とか恋愛観をいろんな意味で壊してくれる、笑って泣けるラブコメディーです。エロい彼氏、やらせてもらっています。お手柔らかにお願いします。

結木滉星 コメント

結木滉星

結木滉星[拡大]

明石圭吾役を演じさせていただきます結木滉星です。今回の役はとにかくプライドが高くて完璧なエリート証券マンの役です。プライドが高いが故に、突然現れた“まなぶ”という存在や、揺れる仁美の姿に今まで感じたことのない屈辱感を感じたりとこれまで作り上げてきた圭吾という人間に少しずつ変化が生じます。どこまで話していいのかわかりませんが、本当に野島さんの描く世界観が面白くてリアルとフィクションの融合に凄く心掴まれると思います。僕個人としても本当に魅力的で面白い役を演じさせてもらってるなと感じています。配信まで楽しみにお待ちください。よろしくお願いします。

萩原みのり コメント

萩原みのり

萩原みのり[拡大]

野島さんの作品に出演するということは、私の憧れでもありました。麻衣という女の子を、より人間らしく演じられたらいいなと思って努めました。とても貪欲で、真っ直ぐすぎる麻衣を、登場人物たちを、皆さんにも愛していただけたら嬉しいです。

野島伸司 コメント

主人公の悪気なく周囲を翻弄してしまうキュートな愛らしさと、バカげてるけど、もしかしたら彼女が正しいのかもと思わせる時折垣間見える芯の強さを感じて、松井愛莉さんにオファーしました。コロナ禍でもあり、お会いした事はありませんが一視聴者として楽しみにしてます。

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

松井愛莉のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 松井愛莉 / 笠松将 / 結木滉星 / 萩原みのり / 菅野莉央 / 国生さゆり / 野島伸司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。