「元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話」邦題変更、権利元の誤承認で

267

855

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 571 157
  • 127 シェア

「Horizon Line」の邦題が「元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話」から「元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件」に変更された。

「元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件」ポスタービジュアル

「元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全10件)

配給・宣伝元のギャガは6月3日、海外権利元STXの承認のうえで「元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話」という邦題を発表。しかしその後STXから「日本のタイトル承認プロセスにおいて、一部表現について当社STX側で誤認識があり、誤って承認をしてしまったことが判明したため、邦題を変更してほしい」と連絡を受け、協議の末に変更を決定した。STXのコメントは以下に掲載している。

「ロスト・バケーション」「ラン・オールナイト」のジャウマ・コレット=セラが製作した本作は、小型機による旅の途中、絶体絶命の窮地に立たされた男女の姿を描くサバイバルスリラー。劇中では、元恋人のサラとジャクソンが偶然同じ小型機に乗り合わせたところ、上空6000mでパイロットが心臓発作により急死してしまう。自動操縦が効かず燃料はわずか、さらに巨大気流が迫る中、2人はまさかの行動を取る。「ゲット・アウト」のアリソン・ウィリアムズとドラマ「ラスト・キングダム」のアレクサンダー・ドレイマンが出演した。

「元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件」は8月6日に東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。

STX社 コメント

日本の旧タイトルの承認プロセスにおいて
一部表現について当社の誤認識があり、誤って承認してしまったため、
日本の配給会社に邦題変更を依頼する経緯となりました。
日本のお客様には混乱を招く形となり、誠に申し訳ございません。

※記事初出時より、あらすじの一部表記を変更しました。

この記事の画像・動画(全10件)

(c)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

読者の反応

NEWS @NEWS_0

「元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話」邦題変更、権利元の誤承認で(コメントあり) - 映画ナタリー https://t.co/TOzDcrPCNR

コメントを読む(267件)

関連記事

ジャウマ・コレット=セラのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件 / ジャウマ・コレット=セラ / アリソン・ウィリアムズ / アレクサンダー・ドレイマン / ミカエル・マルシメーン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。