「ハチナイ」関水渚が人生初始球式に挑む、仲村トオルはバッターボックスに

139

ドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」で主演を務める関水渚仲村トオルが、本日6月18日に東京・東京ドームで開催された横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープ戦の始球式に登板した。

始球式に挑む関水渚(左)と仲村トオル(右)。(c)YDB

始球式に挑む関水渚(左)と仲村トオル(右)。(c)YDB

大きなサイズで見る(全7件)

「ハチナイター」始球式の様子。(c)YDB

「ハチナイター」始球式の様子。(c)YDB[拡大]

ベイスターズとドラマの原案となったアプリゲーム「八月のシンデレラナイン」がコラボし、「ハチナイター」として行なわれた本日の試合。ピッチャーマウンドに立った関水は、ワンバウンドながらもキャッチャーまで届く好投を見せ、打者の仲村も元野球部らしい力強いスイングを披露した。

「ハチナイター」始球式の様子。(c)YDB

「ハチナイター」始球式の様子。(c)YDB[拡大]

初めて始球式に挑んだ関水は「私の人生初の始球式が終わりました。今までに体験したことのないほど緊張して足がガクガクしてしまったんですけど(笑)、仲村さんが『大丈夫だ』と言ってくださって……。それがすごく自信につながって始球式を楽しむことができました。貴重な経験をありがとうございました!」と感想を述べる。

始球式を終えた仲村トオル(左)と関水渚(右)。(c)YDB

始球式を終えた仲村トオル(左)と関水渚(右)。(c)YDB[拡大]

仲村も「直前に関水さんに『ビールの看板に当てると、ビール1年分が当たるらしい』という話をしたら、『狙ってください』と言われて……もしかして当てに行ってしまうかなと思いましたけど、ちゃんと空振りできてよかったです!」とジョークを交えてコメントした。なお球場では、この日のために制作したドラマのCM動画を披露。現在YouTubeでも公開されている。

「八月は夜のバッティングセンターで。」新ビジュアル

「八月は夜のバッティングセンターで。」新ビジュアル[拡大]

「八月は夜のバッティングセンターで。」は都内のとあるバッティングセンターでアルバイトをすることになった女子高校生・夏葉舞と元プロ野球選手の伊藤智弘が、女性たちの悩みを「野球論」で例えた人生論で解決していく物語。関水が舞、仲村が伊藤を演じるほか、板谷由夏、木南晴夏、佐藤仁美、武田玲奈、深川麻衣、堀田茜、山崎夢羽(BEYOOOOONDS)、山下リオがゲスト出演する。テレビ東京ほかで7月7日にスタート。

※山崎夢羽の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

水ドラ25「八月は夜のバッティングセンターで。」

テレビ東京ほか 2021年7月7日(水)スタート 毎週水曜 25:10~25:40

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

関水渚のほかの記事

リンク

(c)「八月は夜のバッティングセンターで。」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 関水渚 / 仲村トオル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。