リー・シンジエ×阿部寛の共演作「夕霧花園」公開、マレーシアの歴史と切ない恋描く

225

リー・シンジエ(英語名:アンジェリカ・リー)と阿部寛が共演したマレーシア映画「夕霧花園」が、7月24日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開される。

「夕霧花園」メインビジュアル

「夕霧花園」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全16件)

「夕霧花園」

「夕霧花園」[拡大]

第15回大阪アジアン映画祭のオープニング作品として上映された本作は、第2次世界大戦におけるマレーシアの歴史と、1組の男女の切ない恋を描く物語。亡き妹の夢である日本庭園造りに挑むヒロイン・ユンリンと、日本人庭師・中村有朋の関係が1940年代、1950年代、1980年代という3つの時間軸を通して映し出されていく。

「夕霧花園」

「夕霧花園」[拡大]

「夕霧花園」

「夕霧花園」[拡大]

マレーシアのキャメロンハイランドで惹かれ合うユンリンと中村を、リー・シンジエと阿部がそれぞれ演じる。そのほかシルヴィア・チャンジョン・ハナージュリアン・サンズデヴィッド・オークス、タン・ケン・ファ、セレーヌ・リムも共演。マレーシアの作家タン・トゥアンエンの小説をもとに、「九月に降る風」「百日告別」などで知られる台湾出身のトム・リンが監督を務めた。

トム・リンは「激動の時代の禁じられたロマンス──『夕霧花園』はそんな重厚な題材を扱っていますが、その中に強い愛や、哀れみ、そして救済のメッセージを伝えています」とコメント。1年近くトム・リンとやり取りを交わし出演を決めたという阿部は「監督から聞いた言葉でもありますが、悪者と善人を単純に描くという良くある戦争映画ではありません。戦争で傷ついた心をもつ人物たちが愛を通して理解し、許し合うラブストーリーです」とつづっている。

トム・リン コメント

この度、「夕霧花園」がようやく日本で公開される運びとなり、大変嬉しく思っています。過去3作品にわたって私の映画が日本で公開されてきましたが、今回が一番興奮し、また同時に緊張もしています。
激動の時代の禁じられたロマンス──「夕霧花園」はそんな重厚な題材を扱っていますが、その中に強い愛や、哀れみ、そして救済のメッセージを伝えています。
私が愛情を注ぎ手掛けたこの作品の物語が、みなさまに感動をもたらすことを願っています。

阿部寛 コメント

トム・リン監督より出演依頼がマレーシアのastro Shawという制作会社経由で事務所までメールで連絡を頂きました。
話を進めるにつれ、監督の熱意が伝わってきました。
まず脚本を読ませて頂き、そこから1年近く監督とのやり取りを経て本作品への出演を決めました。
その後、歴史背景についてはドキュメンタリーや本などを通して色々リサーチし、有朋(アリトモ)の役は、日本庭園の庭師であり、また彫り師でもあり、
日本の精神性を表現する文化ですから、実際に庭師の先生や、彫り師の先生、また茶道の先生たちにも直接ご指導頂きました。
有朋のキャラクターはミステリアスとも言えるかもしれませんが、武士道のような一種の美学が彼にはあり、それは日本人の僕としてとても共感できるもので、そういう意味ではとても親しみが持て、演じやすい人物でもありました。
監督から聞いた言葉でもありますが、悪者と善人を単純に描くという良くある戦争映画ではありません。
戦争で傷ついた心をもつ人物たちが愛を通して理解し、許し合うラブストーリーです。そこを皆様にはぜひ観て頂きたいです。

この記事の画像(全16件)

(c)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

リー・シンジエのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 夕霧花園 / リー・シンジエ / アンジェリカ・リー / 阿部寛 / シルヴィア・チャン / ジョン・ハナー / ジュリアン・サンズ / デヴィッド・オークス / トム・リン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。