「地獄の花園」永野芽郁や広瀬アリスが“謝罪”、暴言吐き「OLのイメージ変えた」

687

地獄の花園」の“完成報告謝罪イベント”が本日4月21日に東京・帝国ホテルで行われ、キャストの永野芽郁広瀬アリス菜々緒川栄李奈大島美幸遠藤憲一小池栄子が出席した。

「地獄の花園」完成報告謝罪イベントにて、前列左から菜々緒、永野芽郁、広瀬アリス。後列左から小池栄子、大島美幸、川栄李奈、遠藤憲一。

「地獄の花園」完成報告謝罪イベントにて、前列左から菜々緒、永野芽郁、広瀬アリス。後列左から小池栄子、大島美幸、川栄李奈、遠藤憲一。

大きなサイズで見る(全18件)

全国のOLに向けて謝罪する永野芽郁(中央)。

全国のOLに向けて謝罪する永野芽郁(中央)。[拡大]

永野芽郁

永野芽郁[拡大]

バカリズムが脚本、関和亮が監督を担当した本作では、OLたちが“地上最強のOL”に成り上がるため拳と拳で苛烈な派閥争いを繰り広げるさまが描かれる。会見にはキャスト陣が役衣装である特攻服を着用して登壇。普通のOLライフに憧れる主人公・田中直子を演じた永野は、開口一番「映画とは言え暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまったことを、キャスト・スタッフを代表してお詫びいたします。申し訳ありませんでした」と頭を深く下げる。

広瀬アリス

広瀬アリス[拡大]

広瀬も「OLの仕事はとても苦手だったんですけど、喧嘩はとても得意で。日々悪いやつらと喧嘩ばかりしていて申し訳ありませんでした」と神妙な面持ちで述べ、ほかの登壇者たちも1人ひとり謝罪を続けていく。小池は「芸能生活で初めての謝罪会見をまさかこういう形でやるとは。地上最強のOL役ということで迫力を出すために眉毛をなくしてしまったこと、そしてここにお集まりいただいた皆さんが『これコントじゃん』と思っているだろうなという点についてもお詫びいたします」と必死に笑いを堪えながら謝った。

左から広瀬アリス、川栄李奈、遠藤憲一。

左から広瀬アリス、川栄李奈、遠藤憲一。[拡大]

かしこまった雰囲気から一転、トークパートでは登壇者たちが「特にOLのイメージを著しく損ねていた人は?」というテーマで盛り上がる。一番票を集めたのは遠藤。派手な金髪にミニスカートという一際強烈な姿の遠藤に、菜々緒は「ビジュアルが一人勝ちしてしまっている!」と指摘し、川栄は「この作品のあとすぐに別の作品で遠藤さんと親子役をやらせていただきまして。お葬式のシーンだったんですけど、普通の遠藤さんが普通じゃないみたいな錯覚が起こり出して……この格好は罪でした」と嘆く。大島は「初めて見たときから心臓を射抜かれて、何度会ってもインパクトがハンパなかった。ずっと味がするガムみたいでした」とたたえた。

「特にOLのイメージを著しく損ねていた人は?」と聞かれ、全員分の名札を掲げる遠藤憲一。

「特にOLのイメージを著しく損ねていた人は?」と聞かれ、全員分の名札を掲げる遠藤憲一。[拡大]

改めて本作に出演したことについて、遠藤は「俺今年、還暦なんですよ。60歳のイメージってこんな感じじゃなかったので、想像通りいかないもんだなあと感じました」と楽しげに述懐。「でもうれしかったです、いくつになってもこんな突飛な役がいただけるというのは。これからも歳に関係なく、嘘だろ!?という役がいっぱい欲しいです」と意欲をのぞかせる。

永野芽郁

永野芽郁[拡大]

また永野からは、バカリズムが出演したシーンの裏話も。「脚本を自分で書かれているのに、テストと本番でまったく違うセリフをおっしゃっていて。そう来るとは思わなかった!というセリフだったので思わず笑いそうになりました」と本番で焦ったことを伝える。予告編では怒号が飛び交っている本作だが、永野は「観ていて笑顔になるような、何も考えずただただ笑っていられる壮大なコメディです!」とアピール。「怖い話ではありません(笑)。いろいろな世代の方に楽しんでいただける作品をこのような時期にお届けできるのがうれしいです」と笑顔で語りかけた。

「地獄の花園」は5月21日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全18件)

関連記事

永野芽郁のほかの記事

リンク

(c)2021『地獄の花園』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 地獄の花園 / 永野芽郁 / 広瀬アリス / 菜々緒 / 川栄李奈 / 大島美幸 / 森三中 / 遠藤憲一 / 小池栄子 / バカリズム の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。